午前11時。家電メーカーA社の定例会議が始まった瞬間、秘書が血相を変えて会議室に飛び込んできた。

「ガサ入れが来ました!」

 間もなく約10人のスーツ姿の男たちが姿を現わし、捜索・差押許可状(ガサ状)を示した。

「粉飾決算の疑いで強制調査を行ないます。皆さん会議室から出ないで下さい」

 そういって男たちはオフィス中をひっくり返し始めた。役員室の引き出しを開け、専務の本棚を漁り、社長は金庫を開けるよう促される。帳簿から書類、ノートパソコンまで次々に段ボールに詰め込んで運び出される。その間、約3時間。

 フロアには捜査員が等間隔に立ち、社員の動きを逐一監視している。外部への連絡は原則NG。外出する時は捜査員にカバンの中身を徹底的にあらためられる。

「品数が多いので、押収品目録は後で渡します。社長は同行を」

 彼らが去った後、A社からは何もかもが消えた──。

 これは取材を基にしたシミュレーションだが、いつあなたの会社がその対象となるかわからない。

「ガサ入れというと粉飾や脱税など、大事件のときのみ行なわれると思うかもしれませんが、例えば警察の場合は『従業員が窃盗した』など比較的軽い犯罪でも入ることがあります」(元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏)

 意外と身近な出来事なのである。気になるのは捜査員が何を持って行くかだ。FXの所得隠しで国税局にガサ入れを受けた経験を持つ『突然マルサがやって来た!』(小学館刊)著者の磯貝清明氏が語る。

「自宅にガサが入ったときには、通帳はもちろん、エロ本や、無修正アダルトDVDさえも『記録が残っている可能性がある』と段ボールに入れて押収されました。郵便物などの書類を調べる人、現金を数える人、壁をコンコンとノックしながら隠し場所を探す人など、分担して徹底的に捜索が進みました」

 事件にかかわりがありそうなものはすべて押収の対象となる。前出の小川氏の話。

「パソコンはもちろん、携帯、タブレットも押収されることも多い。メールの内容ももちろん把握される」

 パソコンに関しては押収後に丸ごとコピーを取ってから返却されるので、ある程度の期間がかかる。そのためしばらくは仕事に支障が出てしまう。精神的にも物理的にもダメージを受けるわけだ。そして絶対に逃げられない。

「『捜索場所に入る手段』には規定がなく、現場の裁量に任される。たとえば、外国人が逃亡時間を稼ぐためにドアにバリケードを張っていたときには蹴破って突入しました」(小川氏)

※週刊ポスト2015年7月31日号