甘酸っぱさとほろ苦さで青春を表現

写真拡大

赤城乳業は2015年7月7日、「ガリガリ君リッチほとばしる青春の味(レモンヨーグルト味)」を発売した。

音楽グループ「GReeeeN」とコラボレーションした、青春を感じさせる味わいのラムネ入りアイスキャンディー。「ラムネ入りアイス」といえば、先日発売されたロッテアイスの「爽 THEスイカ」がスイカの種に見立てたラムネを入れていたが、「種いらない!」とブーイングが起こっていた。こちらは果たして...?

「ラムネ入りじゃなかったらハマってなかった」との評価も

甘酸っぱいレモン味のキャンディーに、爽やかな青春をイメージしたヨーグルト味のかき氷と、甘酸っぱくほろ苦いラムネを入れた。「あの日の涙の味がする!?」がテーマの、全体で青春の味を感じられるアイスキャンディーだ。

ツイッターを見てみると、

「ガリガリ君のラムネ入りレモンヨーグルト味がでらうまい!」
「さっぱりしてて清涼感がある!!また食べたい」
「本気でうますぎて死にそう」

と、大好評のようだ。

「ラムネ入りアイス」といえば、ロッテアイスが15年6月15日に発売した「爽 THEスイカ」に、スイカの種に見立てた黒い「ラムネ種」が入っていたが、同社のロングセラー商品「スイカバー」の「チョコ種」とどうしても比べられてしまい、「種要らない」「すっごい違和感」などと散々な言われようだった。

一方「ガリガリ君」のラムネに対しては、

「ここ最近、ガリガリ君リッチ・レモンヨーグルト味ラムネ入りを毎日食べているけど、これラムネ入りじゃなかったらそこまでハマってなかったはず。ラムネのコラボにやられちまったよ」
「ラムネが入ってて食感も楽しめました」
「ラムネ入ってて、うまい。氷菓にラムネって素晴らしい組み合わせ」

と、高評価が多くなっている。こちらはラムネを入れて成功だったようだ。

希望小売価格は120円(税抜)。