Doctors Me(ドクターズミー)- 小型犬は特に注意が必要!熱中症から愛犬を守ろう!

写真拡大

犬は暑さに弱い!?こんな状態が熱中症を引き起こす!

暑い季節、子供を車に乗せたまま買い物に行って戻ってきたら熱中症でぐったりしていた、などのニュースが取り上げられますが、犬も子供と同様です。ちょっとくらい、が取り返しのつかない事態にならないようにしたいですね。
犬は人と違って肉球にしか汗がかけないため、呼吸や舌を出すことでしか体温調節ができず、温度や湿度が高い場所で体温を下げるのが苦手です。
締め切った部屋や、車の中にエアコンをつけないでいる事や直射日光に当たるなど、体温が41℃を超える事で熱中症になります。窓が開いていても換気が充分でない、水が飲めない状況でもなり得ます。
また、春や秋の暖かい日に、締め切った部屋での留守番でも熱中症になることがあります。昼間の散歩ではアスファルトが熱くなっていて熱中症になるほかに、肉球が火傷することもあります。
特に短頭種と呼ばれる、シーズー、パグ、ペキニーズ、などの鼻の短い犬では気道が変形しているため呼吸が元々上手ではないので、熱中症になりやすく、サモエドなど寒冷地出身の毛が密に生えている犬も暑さには弱いです。
幼犬や老犬、肥満、心臓病、呼吸器系疾患でも熱中症になりやすいため注意が必要です。

熱中症になってしまったら……まずは体温を下げること!

症状は、パンティング(浅く早い呼吸)、元気消失、よだれ、ふらつき、嘔吐、下痢、目や口腔の充血、虚脱、下血、血尿、けいれんなどがあり、最悪の場合は意識がなくなり命を落とします。
熱中症になってしまった時は、体温を下げる事が第一。軽度であれば涼しいところに移動し、冷たい水を飲ませ、ウチワなどであおいで体温を下げます。
中程度〜重度では動物病院に連れて行くことが必要です。冷水(氷水は皮膚の血管が収縮して熱が逃げにくくなるため水道水の方が良いです)を体にかける、アイスノンで脇の下や内股などを冷やす、などの処置をしながら病院に連れて行きましょう。体温が39度程度になったら体温の下がりすぎに注意です。

十分な水分補給と体温調節が重要!

室内であればエアコンや換気で温度調節をする、室外であれば日陰になる場所を作る事が必要です。また、水をいつでも充分に飲めるようにおきましょう。ひんやり感のあるペットグッズを使うのもおすすめです。
扇風機は、汗をかけない犬では空気が循環するだけなので体温を下げる効果にはなりません。アイスノンや冷やしたタオルを扇風機の後ろに下げて冷えた空気を送る、という使い方効果はありますが、持続時間は短いです。
地面が熱くない時間帯に散歩に行く、長毛なら短くカットすることも熱中症の予防になります。