『ドラえもん』といえば、誰もが知っている国民的マンガだが、ドラえもんと同時に欠かせない存在が、のび太である。あまりにも有名なので詳しい説明は省略するが、自分自身を投影し感情移入してしまった読者も少なくないだろう。

 憎めない存在ではあるが、しかしのび太は、ドラえもんの助けがなければどうすることもできないことが圧倒的なダメな子。厳しい言い方をすれば、自力では何一つ成し遂げることができそうにない負け犬である。しかし、負け犬に見えるのび太が、実は人生を上手に歩んでいるとしたら、ちょっと驚くのではないだろうか? このような視点に立ち、のび太の生き方から成功の法則を導いたのが、『ポケット版  「のび太」という生き方』(アスコム刊)である。

 本書は、「ドラえもん学」を提唱した富山大学名誉教授の著者が、それまでの研究成果を元にして、のび太が夢を叶えられた方法をまとめたもの。2004年に発売された『「のび太」という生き方』(同)を読みやすく再編集し、第8章で新たな話を4つ加えて改良した。

 著者の分析結果によれば、のび太は人生の重要な節目において着実に夢を叶え、負け犬から勝ち組に変身しているという。のび太が夢を叶えた方法(=のび太メソッド)を使えば、どんなダメな人間でも夢が叶えられるということ。人生に役立つヒントが隠されている、と言ってもいいだろう。

■のび太は反省して対策を考える

 のび太のイメージを聞かれると、「何をやってもダメな子」と答える人が多いだろう。ドラえもんに頼って助けてもらうも、それでも失敗してしまうことがザラ。ひみつ道具などをもってしても、うまくいかないシーンを思い浮かべて、こうイメージするのではないだろうか? 例えば、てんとうむしコミックの『ドラえもん(9)』に収録されている「のび太ののび太」では、物覚えの悪さを自覚したのび太が、ドラえもんが使っているタイムマシンを使って過去からやってきた自分自身に教えてもらうという方法を使うも、ママの存在などを考慮に入れていなかったので、結局失敗する。

 一見すると、このエピソードには教訓などなく、いつも通りののび太が描かれているが、著者はのび太から、反省して対策を考えるところを見習いたい点として挙げ、行動力にも注目した。いかにも頼りなく見えるのび太に、行動力などあるのか? 著者の見解は次の通りだ。

「ママの存在など予期せぬ事態を考えていなかったため、結局『タイムマシン』を使ったスケジュール管理はうまくいきませんでしたが、道具の力を借りてでも、『何とかしよう』とチャレンジする姿勢は立派です。何もしないで『だって、こういう性格なんだもの』と諦めたり、『そういうの、苦手なんだ』と言い訳するよりは、一歩前進しているといえるでしょう」(同著・第2章44ページより)

 頼りなく見えても、のび太は実践に移す行動力を持ち合わせていた。結果的に失敗しても、問題を解決するために即行動に移した点は頼もしい。のび太に対する見方が変わったのではないだろうか?

■のび太は最初から他人に頼らない

 また、のび太には、「意志が弱い」といったイメージを持つ人もいるだろう。ドラえもんに頼る前に全力で事に当たっているという印象に欠ける。しかし、てんとう虫コミック『ドラえもん(11)』に収録されている「ネジまいてハッスル!」では、違った側面を垣間見ることができる。のび太は、「のろまだなあ」などとバカにされることをドラえもんに相談したところ、ドラえもんが「ハッスルねじ」を出して、のび太の行動をスピーディに変えた。ドラえもんのひみつ道具に頼って安直に解決を図ったようにも見えるが、著者は、のび太がドラえもんに相談する前のプロセスに着目し、ある側面を引き出した。それは、最初から他人に頼らないというものである。

「『ドラえもん』全作品の吹き出しを分析した結果、のび太は決して最初からドラえもんに泣きつくわけではないことがわかりました。結局は本人の能力不足で克服できない場合が多いものの、のび太はいったんは彼なりに頑張って、問題に挑むのです」(同著・第6章118ページより)

 確かに著者の指摘通り、振り返ってみると、『ドラえもん』ではこのエピソードに限らず、のび太は最初から諦めていないと思われるところが多々見受けられる。例えジャイアンとスネ夫にバカにされても、最初は自分の力で立ち向かう。能力が足りないだけで、問題を自分で解決する意志は十分すぎるほど持っているのだ。

「のび太」の生き方に学ぶもの

■のび太は負けん気が強い

 最初は自分の力で何とかしようとする、ということは、負けん気が強いということでもある。個人的には以前から、のび太に対してそんな印象を持っていたが、著者も同じような見解を持っており、てんとう虫コミックス『ドラえもん(41)』収録の「世界の昆虫を集めよう」を引用して解説している。

 このエピソードでのび太は、スネ夫からデパートで買った多くの昆虫を自慢されたため、もっと珍しいものをたくさん集めると息巻いてみたが、ドラえもんにひみつ道具を出してもらえるようお願いしても聞き入れてもらえなかった。仕方なく裏山で昆虫採集に励むが、なかなか虫を捕まえられない。その姿を見ていたドラえもんが、のび太の頑張りを認め、「昆虫マーカー」というひみつ道具を出してのび太の願いを叶えた。

 ドラえもんは安易に、ひみつ道具を出さなかったが、いくらそうだとしても、のび太は簡単には諦めない。スネ夫に負けたくない一心で、何とか自力で虫を捕まえようとする。こんな行動から、著者はのび太の負けん気の強さをこう分析する。

「みなさんが考えているように、のび太はぐうたら生活の申し子のような男の子です。でも、決して三無主義(無責任、無関心、無気力)ではありません。のび太はジャイアンのいじめに対しても無気力になることなく、ドラえもんのひみつ道具の助けを借りて対抗しています。スネ夫の自慢話から端を発する仲間はずれに対しても、無関心を装わないで、反発心を発揮します。つまり、のび太なりに『負けん気』を起こして、彼らに向かっていきます。こうした積極的なエネルギーの積み重ねの中にこそ、夢が生まれたり、夢が叶う何かが潜んでいるのです」(同著・第5章115ページより)

 著者をして「ぐうたら生活の申し子」と言わしめるのび太は、大人だったらまるで「ダメ人間」という言葉がピッタリ似合うほど。しかし、今回紹介した側面だけを見ても、少しは印象が変わり見直したのではないだろうか?

 この他にも本書からは、のび太の意外な側面が見え、そこから成功法則を導いている。興味を持たれたら、本書と一緒に『ドラえもん』も読んで振り返ってみるのもいいだろう。そうすれば本書で書かれている、のび太メソッドがより理解できるだろうし、何よりしずかちゃんを生涯のパートナーとして射止めることができた理由も納得できるはずである

■関連情報

『ポケット版  「のび太」という生き方』

『ポケット版  「のび太」という生き方』
アスコム刊/横山泰行著(800円+税)

文/大澤裕司