東京湾の夜景と夏限定スパークリングワインを楽しむ「シャンドン サマー クルーズ」

写真拡大

オーストリア生まれのプレミアム・スパークリングワイン「CHANDON BRUT(シャンドン ブリュット)」は、豊かな風味とドライな口当たりで爽快な後味が夏にぴったり! 特に2015年6月上旬から展開の白とブルーのストライプが暑さをやわらげてくれそうな期間限定パッケージの「CHANDON BRUT SUMMER BOTTLE(シャンドン ブリュット サマーボトル)」が登場するそう。

さらに、この夏気分たっぷりのスパークリングワインを飲みながら、都心の海をクルージングという素敵な体験ができる「CHANDON SUMMER CRUISE(シャンドン サマー クルーズ)」が、7月16日(木)〜8月29日(土)の期間、開催される。なんだか楽しそうな響き! そこで、「シャンドン」の広報担当・中西さんに詳しく教えてもらった。

「シャンドン サマー クルーズ」は、人気漫画家の松本零士氏がプロデュースした旅客船などで、夏仕様の「シャンドン ブリュット サマーボトル」をいただきながら、東京湾クルーズを楽しむ、というもの。グラスとボトルの両方を注文できるそう。

このキャンペーンを行っているのは、「HOTALUNA(ホタルナ)」、「JICOO(ジクー)」、「Urban Launch(アーバン ランチ)」の3船。
浅草吾妻橋、日の出桟橋、お台場海浜公園の3ヵ所から乗船ができる「HOTALUNA(ホタルナ)」(乗船料は大人780円〜)は、それぞれ1日4回の運航。

「まるで宇宙船のような松本零士プロデュースの旅客船からは、いつもと違う東京の風景が見られるはずです」(同)

数々の受賞歴を持つ永山祐子さんがインテリアデザインを手がけたこの船は、後方部の窓ガラスから淡い光を放つ夕方の便が特にロマンティック! ただし、夕方以降の便は基本的に臨時便で、前日の16時に運航が決まる。お出かけ前に公式HPをチェックして。

船上バーを持つ「JICOO(ジクー)」(乗船料は大人2600円)は、日の出桟橋からお台場海浜公園に向かう船で、毎週木、金、土曜の夜20時出発の運航のみ。

「また、最大31名が乗船できる貸切クルーザー「Urban Launch(アーバン ランチ)」(1時間4万円)でも、シャンドン ブリュット サマーボトルを楽しんでいただくことができます。アニバーサリーパーティなどの機会にぜひご利用ください」(同)

さらに、木曜から日曜限定で営業している日の出桟橋にあるエアーストリームでも、「シャンドン ブリュット サマーボトル」は楽しむことができる。出航までの待ち時間に利用するのもいいし、お散歩デートの途中でぶらりと立ち寄ってみるのもよし。


また、HOTALUNA、JICOOではスパークリングワインを使った期間限定カクテルも3種類(各900円)あるとか。カシスと合わせた「 CHANDON Serendipity (シャンドン セレンディピティー)」は、ほんのり甘みのあるすっきりとした味わい。「 CHANDON Shooting Star (シャンドン シューティングスター)」は、アップルの味わいがとても爽やか。レモン果汁をふんだんに使った爽やかな酸味が楽しめるのは、「CHANDON Twilight(シャンドン トワイライト)。どのカクテルも「シャンドン ブリュット」の豊かな風味を生かしつつ、全く違う風味に仕上げられているので、ぜひ試してみて。

さらに、ボトルに付いたネックハンガーや、船内にあるメニューにのっているQRコードをスマートフォンで読み取ると、全27曲の中からシーンに合った音楽が流れるサービス“CHANDON MUSIC PLAYER”も展開するとか。これはGPSが時間とその場所の天気を読み取り、加えて仲間の人数を選ぶことで、オススメの音楽を選んでくれるという仕掛け。大切な人と、同じ空間を過ごしている喜びを実感できそう。

これらのクルーズは最大でも60分(貸切除く)なので、デートのちょっとしたサプライズにもいいかも。デッキで夏の心地よい風に吹かれ、キンキンに冷えた「シャンドン ブリュット」を味わう夏の宵を楽しんで。