「化け物展」/青森県立美術館Webサイトより

写真拡大

絵画や写真、仮面など、東西古今の「化け物」をモチーフにした作品を展示する「化け物展」が青森県立美術館にて、8月1日(土)から9月13日(日)に渡って開催される。

【青森県立美術館「化け物展」、古今東西の“異形”を描いた作品が集結の画像・動画をすべて見る】

古くからのヨーロッパでの祝祭に登場する「獣人」たちを撮影したフランスの写真家であるシャルル・フレジェさんによる「WILDER MANN」(ワイルドマン)や、国立民族学博物館コレクションの仮面、浮世絵や絵本に描かれる化け物、現代の作家たちが考える化け物の作品が一堂に会する。

人々を魅了する古今東西の「化け物」たち


左:シャルル・フレジェ『WILDER MANN, バブゲリ〈ブルガリア / バンスコ〉』 右:『舞踏用仮面(兎) メキシコ合衆国』国立民族学博物館蔵/青森県立美術館Webサイトより


左:シャルル・フレジェ『WILDER MANN, バブゲリ〈ブルガリア / バンスコ〉』 右:『舞踏用仮面(兎) メキシコ合衆国』国立民族学博物館蔵/青森県立美術館Webサイトより



「化け物展」は、人間によって生み出され、信仰の対象としておそれられてきた化け物を、さまざまな造形表現を通じて展示する企画展。

前述以外にも、後期ルネサンス期に中部イタリアにつくられた通称「怪物公園」を撮影した川田喜久治さんの写真作品や、幕末から明治時代にかけて河鍋暁斎さんや歌川芳藤さんといった人気絵師たちが生みだした浮世絵を紹介していく。

左:歌川芳藤『五拾三次之内猫之怪』 右:岡本光博『虎縄文』/青森県立美術館Webサイトより

左:歌川芳藤『五拾三次之内猫之怪』 右:岡本光博『虎縄文』/青森県立美術館Webサイトより



また、荒川朋子さん、岡本光博さん、谷澤紗和子さんといったアーティストによる立体作品、土橋とし子さん、島本了多さんによる平面作品など、現代の日本人作家が考える「現代の化け物たち」も登場。

現代社会においても、人々を魅了する謎多き存在「化け物」を堪能できる機会となる。