食品卸売りのA−プライス事業などを行うトーホー<8142>が17日に発表した05年1月期の通期連結決算によると、純利益が前期比56.6%減の5億9300万円だった。BSE問題や鳥インフルエンザ発生に伴う輸入禁止や、猛暑・台風などの天候不順が影響した。

 売上高は同4.2%増の1645億2900万円だが、営業利益は前期比16.8%減の24億6300万円、経常利益は同16.0%減の27億100万円となった。一般家庭向けの食材宅配事業が低迷し営業権を一括償却、また投資目的で保有している一部株式の評価損を計上したため、特別損失が10億8600万円に膨らんだ。【了】