「何が原因だかわからないけど最近イライラすることが多い」という人におすすめのハーブが「セントジョーンズワート」です。アメリカでは「サンシャインサプリメント」と呼ばれる人気のサプリ。ドイツではお医者さんがストレスやだるさなどを訴えたときに処方するそうです。うつの症状を改善するともといわれるセントジョーンズワートの効能をご紹介します。

セントジョーンズワートってどんなハーブ?

セントジョーンズワートの和名は、西洋弟切草(セイヨウオトギリソウ)。花びらは黄色で、黒い点が端にあります。植物の名前は、英語名がセント・ジョンである「聖ヨハネ」からつけられたとも。聖ヨハネの誕生日(6月24日)頃に咲く花です。花からは赤い液体が染み出しますが、聖ヨハネが処刑されたときに流した血の色を象徴すると言い伝えられています。古くは魔よけにも使われ、「悪魔を追い払うハーブ」と呼ばれていました。

ヒペリシンとハイパーフォリンがうつ改善に

セントジョーンズワートの有効成分は、ヒペリシンとハイパーフォリンです。ヒぺリシンは脳神経伝達物質であるセロト二ンの分泌を増やし神経伝達をスムーズにします。ヒペルフォリンはセロト二ンの不足分をサポート。セロト二ンの分泌量が多いと神経が興奮して不安神経症となり、少ないとうつ症状があらわれます。2つの成分はこの分泌量を正常化しており、更年期障害、月経前症候群(PMS)、自立神経失調症を緩和するといわれています。

セントジョーンズワートはサプリメントのほかハーブティーとして販売されています。イライラして落ち着かないときには、お茶を淹れて好きな音楽を聴きながら飲んでみてください。音楽を聴くことで脳内のα波が出て二重のリラックス効果が得られます。


writer:松尾真佐代