長寿命なLED光源を採用

写真拡大

キヤノングループのキヤノンマーケティングジャパンは、「ミニプロジェクター C-5」を2015年8月上旬に発売する。市場想定価格は2万9800円(税別)。

内蔵バッテリーで約3時間駆動、外出先でのプレゼンやアウトドアでも使用できる

124(幅)×20(高さ)×71(奥行)ミリ、重さ169グラムの小型・軽量で、胸ポケットなどに収まるコンパクトサイズ。映像入力端子はMHL対応のminiHDMIで、ケーブルを接続して電源を入れるだけのシンプルな仕様だ。

最長3時間駆動するバッテリーを内蔵し、HDMI出力を持つパソコンを接続してプレゼンテーションするなどのビジネスユースや、MHL対応のスマートフォン/タブレット端末と接続するなどホームユースのほか、アウトドアでの使用も可能だ。充電は付属の専用ACアダプターで行う。

輝度50ルーメンのLED光源を採用、約1万時間の長寿命。例えば毎日5時間使用しても約5年間メンテナンス不要だという。映像入力解像度は640×480ドット。投影可能距離は0.3〜3メートル、サイズは10〜93インチ。モノラルスピーカー、ステレオミニプラグを備える。miniHDMIケーブル、MHLケーブル、ミニ三脚が付属する。カラーはディープブルー、シルバーの2色。