Doctors Me(ドクターズミー)- 「朝シャン」でハゲるってホント!? 教えて、ドクター!

写真拡大

朝シャンするとハゲる。もし、本当だとすれば、朝シャン派の読者にとっては聞き捨てならないワードですよね。

さて、真相はいかに……。

髪の毛には、洗ってもよいタイミングがあった!?

就寝中、知らず知らずの内に汗をかいていることで、朝は、頭皮の毛穴が開いた状態になっています。そのため、朝シャンでは、薬液が毛穴に入り込みやすく、毛穴にシャンプーなどが詰まりやすい傾向にあるのです。さらに朝は時間に余裕がないケースが多いことから、手早く洗髪される方も多いでしょう。

この場合、十分にシャンプーをすすぎきることができず、さらに毛穴に薬剤が詰まりやすくなります。これにより、毛髪のサイクルが妨げられ、新しい健康な髪の毛が生えにくくなり、薄毛の他、ふけなどの原因になるのです。

皮脂の落としすぎも、ハゲを引き起こす。

また、頭皮には皮脂がありますが、これは紫外線など、外からの刺激から頭皮を守る働きもあります。

つまり、皮脂が過度にあるのも髪の毛にはよくないのですが、落としすぎも毛髪への負担になるということ。ここが重要なポイントです。

夜の洗髪で、問題解決!

シャンプーをするとこの皮脂が一時的に流されてしまうのですが、夜に洗う場合は、寝ている間にまた皮脂が戻ってくることが多いとされており、日中の頭皮を守る役割を果たすことができます。

一方、朝に洗う場合は皮脂によるバリア機能が戻らないため、紫外線からのダメージを頭皮が直に受けてしまうことになり、頭皮が傷ついてしまいます。傷ついた頭皮からは健康な毛が生えにくくなることもあり、薄毛などの原因になってしまうのです。