タバコでEDになる!? shutterstock.com

写真拡大

 かつて雑誌『サンデー毎日』に「タバコでインポになる」と題した記事が掲載された――。

 記事は米国疾病対策センター(CDC)が発表した学術論文に基づくもので、31歳から49歳までの壮年期男性を対象とした調査の結果、1年間以上にわたって性交に十分な勃起が得られない状態を訴えたのは、非喫煙者の2.2%に対して、喫煙者が3.7%と有意に高率であったという。「インポテンツ(陰萎)」に悩む男性を治療するに当たって、禁煙の奨励は必須事項である。

 インポテンツは一般に50歳以上に多く、糖尿病、高血圧などの生活習慣病によって助長される傾向がある。だが、性機能障害を訴えて来院する高齢男性においても、糖尿病などの病気の要因が見いだされるのは3分の1ほどにすぎない。

 インポテンツの発症には、やはり何といっても、心理的要因が大きく関わる。60歳以上の男女を対象としたある調査では、男性の58%、女性の81%(配偶者がいる場合は、男性の43%、女性の45%)が、性生活に何らかの不満をいだいていたそうだ。

インポテンツから勃起障害(ED)という名称に

 近年では、患者さんにとって侮蔑的で曖昧な言葉であるインポテンツの代わりに、「勃起障害(ED: erectile dysfunction)」という病名が用いられる。勃起に関わるホルモンは「血管作働性腸管ペプチド(VIP)」で、平滑筋弛緩作用や血管拡張作用の強い。

 勃起は、陰茎海綿体に血液が充満することによって生じる。海綿体はヘチマ形の海綿体洞の集合体であり、ヘチマのヘタに相当する部分にらせん状にうねった「らせん動脈」が入る。このらせん動脈の中膜平滑筋には、おびただしい数の自律神経(副交感神経)が分布している。

 性的興奮によって、これらの神経末端からアセチルコリンと同時にVIPが分泌されると、らせん動脈の平滑筋は弛緩し、血液が洞になだれこむ。結果、勃起がもたらされるのだ。

 ちなみに、交感神経が興奮すると平滑筋は収縮し、勃起が収まる。喫煙はニコチンの作用により交感神経系の興奮状態を引き起こし、EDへとつながる。当然ながら、VIPの局所注射は持続性の勃起を誘発する。

ナイアガラの滝のような激しい"いのち"をくれるバイアグラ

 EDの治療薬として華々しく登場した薬が「バイアグラ(Viagra)」だ。この薬は、VIPとは別の勃起誘発物質(一酸化窒素によって細胞内に増加するサイクリックGMP)の分解を防ぐことで効果を発揮する。つまり、勃起を長く保てるのだ。

 この命名はなかなかしゃれている。Viagraとは、生命を意味する「vita」とナイアガラ=「Niagara」の合成語。ナイアガラの滝のように激しい"いのち"を与える薬なのだ。

 山之内製薬から脳代謝賦活剤として発売されている「エレン」という錠剤は、勃起する副作用が知られている。この効用は、どうやら陰茎におけるVIPの放出作用によるらしい。滋養強壮によいとされる朝鮮人参エキスにも、VIPに類似した物質が含まれているという。

 しかし、VIP軟膏なる奥の手は、残念ながら無効である。なぜなら、陰茎海綿体組織は、結合組織性の厚い白膜で包まれており、塗り薬の成分は中までとうてい染み込まないからである。

 VIPを過剰に産生する腫瘍が膵臓や副腎髄質に発生すると、大量の水様性下痢が認められる。国立がん研究センターの、とある先生の談話を最後に紹介しよう――。

 あるとき、VIP過剰症状を示す男性患者さんに尋ねた。「もしかして、立ち(勃起)ませんか?」と。すると主治医と患者さんの双方から、ひどく叱られたそうだ。「こんなひどい下痢なのに立つわけないだろう!」。


堤寛(つつみ・ゆたか)
藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍し、2001年から現職。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏、日本病理医フィルハーモニー(JPP)団長。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書)、『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)など。