原江里菜、最終18番でチャンスを外し天を仰ぐ(撮影:福田文平)

写真拡大

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 最終日◇19日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,554ヤード・パー72)>
 猛追及ばずもホステスプロの意地を見せた。国内女子ツアー「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」最終日。ホステスプロの一人、原江里菜が8バーディ・1ボギーの“65”でラウンド。優勝スコアの8アンダーには1打及ばなかったが、大事な大会でベストスコア賞を手にした。
原江里菜の特選PHOTOを写真館でチェック!
 「初日はボギーが多くて、昨日はスライスラインを外しまくった」と2日目を終えて21位タイ。首位とは7打差と苦しいスタートだった。それでもこの日は序盤からエンジン全開でトップを追いかけた。1番のバーディを皮切りに、その後次々にピンに絡め11番を終えた時点でバーディは6つを積み上げ、12番のリーダーボードを見ると首位に1打差まで詰め寄っていた。
 「これはチャンスがある」。ギアをさらにもう一段上げると、14番で初ボギーも、すぐさま15番でバウンスバック。さら17番では「昨日練習したラインが来た!」と2mのスライスラインを決めて、最後までトップの前田陽子にプレッシャーをかけた。
 「最後のバーディパットを外したのが悔しい」。第一声こそ口惜しそうに応えた原だが、「こういう大事な試合で最終日にこういうプレーができて良かった。(9番からの)3連続バーディで“これで役割は果たしなって”(笑)」と重圧のかかる舞台で納得のゴルフができたことに顔をほころばせた。
 久々2位フィニッシュの要因にレジェンド・不動裕理からの金言があった。「食事にご一緒させていただいたときに思い切って“私は何で勝てないと思いますか?”って聞いたんです。そしたら“神経質になりすぎだと思う。素振りをしすぎじゃないか”と言われました」。その言葉を受け、アドレスに入ってから時間をかけないようにすることを意識。素振りも一回にした。するとスイングまでスムーズに行うことができるようになり、余計なことを意識することも減った。
 加えて2008年以降遠ざかっている栄冠への糸口が見えてきた。「パター、アプローチも課題が見つかって修正できつつある。スイングも戻してから良くなったし、全てがようやくかたちになってきた。それに優勝を意識してからもピンを狙っていけた。後半戦に向けて良い滑り出しだと思います」。そして最後に力強くこう言た。「優勝に近づいてきていると思います」。大事な戦いで掴んだ大きな自信を胸に、いよいよ幕を開けた後半戦へと臨んでいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>