投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が7月20日〜7月24日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は上値が重い展開となりそうだ。米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言で年内利上げの方向性が示されたことから、当面は底堅い値動きが予想されている。ただし、多くの市場関係者が想定しているドル・円の当面のレンジ120円-125円の上限に接近しつつあることや、日本銀行の黒田東彦総裁が「口先介入」した水準(124円台後半)を考慮すると、一段のドル上昇は考えにくい。

 利上げについて米連邦準備制度理事会(FRB)から、さらにタカ派的な発言(利上げに前向き)が聞かれた場合はドル買いとなるが、そのような材料がない場合、124円台で積極的にドル買いを実行する状況ではないと予想される。

【日本・6月貿易収支】(23日)
 5月は2172億円の赤字だったが、6月は458億円程度の貿易黒字が予想されている。貿易黒字となるのは今年3月以来、3カ月ぶり。2014年6月は8340億円の赤字だったことから、貿易収支は前年同月比で大幅に改善されることが確実視されており、円買い材料となりうる。6月貿易収支が予想通りの場合、米利上げ期待を背景としたドル買いはやや一服する可能性がある。

【米企業業績】(20日-24日)
 4-6月期の米企業業績が好調ならば、米株高・ドル高の流れとなる可能性がある。アップル、ヤフー、ゼネラル・モーターズ(GM)、キャタピラー、スターバックス、アマゾン・ドット・コム、AT&Tなどの主要企業の業績発表が予定されており、多くの企業で市場予想を上回った場合はドル相場に対する支援材料となる。

 7月20日-24日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)6月中古住宅販売件数 22日(水)午後11時発表
・予想は、540万戸
 参考となる5月実績は535万戸の増加し、2009年11月以来の高い水準になった。労働市場や景況感の改善などが支援材料となっている。中古住宅市場は当面堅調との見方は多く、6月についても5月実績を若干上回る可能性があり、市場予想は妥当な水準か。

○(日)6月貿易収支 23日(木)午前8時50分発表
・予想は、+458億円
 参考となる6月上中旬の貿易収支は-1565億円。赤字幅は前年同月比-80.7%と急減している。輸出は増加、輸入は減少しており、貿易収支は改善基調を維持している。6月の貿易収支は小幅黒字となる可能性があり、市場予想は妥当な水準か。

○(米)6月景気先行指数 23日(木)午後11時発表
・予想は、前年比+0.1%
 参考となる5月実績は+0.7%。市場予想は+0.4%だった。米経済の先行きに対する期待感が広がったことで5月は高い伸びを記録した。6月については、5月の反動で横ばいか若干上昇する見込み。景気の先行きに対する見方は大きく変わっていないことから、市場予想は妥当か。

○(米)6月新築住宅販売件数 24日(金)午後11時発表
・予想は、54.0万戸
 参考となる5月実績は前月比+2.2%の54.6万戸。市場予想の52.5万戸程度を上回った。5月は東北部での販売が大幅に増加。西部では10%を超える増加を記録した。住宅在庫は4月実績と同水準で増加していない。6月については労働市場の改善を背景に5月実績と同水準の販売件数が予想されており、市場予想は妥当な水準か。

○日米の主な経済指標の発表予定は、22日(水):(米)5月FHFA住宅価格指数、23日(木):(米)シカゴ連銀全米活動指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:122円50銭−125円50銭