テレビに挿し込んで使えるスティックPC、レノボからも登場

写真拡大

パソコン(PC)およびタブレットなどを手がけるレノボ・ジャパン(東京都千代田区)は、スティック型PC「ideacentre Stick(アイデアセンター・スティック) 300」を2015年7月下旬に発売する。

初回出荷4000台限定、マイクロソフト「オールインワンメディア キーボード」同梱

サイズが125(幅)×14.5(高さ)×37.6(奥行)ミリと、手のひらの収まるコンパクトサイズ。OSは「Windows 8.1 Update」(32bit版)をプリインストール。液晶ディスプレイやテレビなどのHDMIポートに挿し込むだけでWindows PCとして使用できる。

プロセッサーはインテル製の「Atom Z3735F」を搭載。メモリーは2GB、ストレージは32GB。インターフェイスはmicroSDカードリーダー、USB 2.0、給電用MicroUSBを備える。

また、初回出荷4000台限定で、フルサイズのキーセットと一体型マルチタッチ・トラックパッドを搭載したマイクロソフト製「オールインワンメディア キーボード」を同梱する。