Doctors Me(ドクターズミー)- 猫ちゃんの目の中が白く濁っている……それって【白内障】かも!

写真拡大

「白内障」とは、目の中にあるレンズの役割をする水晶体が白く濁ってしまう病気です。よく見てみると、目の中が白くなっているのが確認できます。犬や人に比べると非常にまれですが、猫も白内障になります。

今回は、その原因や治療法について獣医師に解説してもらいましょう。

■ 先天性? それとも後天性?

白内障の主な原因は、大きく以下の2つに分けられます。

【先天性】
ペルシャ猫やパーマンなどで確認されている先天性白内障、胎児期の細胞分化異常によるもの
【後天性】
ほかの猫とのケンカによる外傷、ほかの目の病気(ぶどう膜炎や網膜剥離など)、もしくは全身の病気(糖尿病や感染症など)によるもの

■ こんな症状に要注意!

両目に白内障が進行すると、目が見えないため、あまり動かなくなったり、壁にぶつかったりすることがあります。しかし白内障によるこういった行動や性格の変化は、症状が重度になってはじめて気付くことが多いため、発見が遅れてしまうことも珍しくありません。

■ 猫の白内障は治せるの?

初期の段階であれば、目薬の処方で様子をみて進行しないことを確認します。またほかに原因がある場合は、そちらの治療で進行をとめられる可能性があります。

しかし一度、重度の白内障になってしまうと、目薬や内服薬で治すことはできません。その場合は、手術前に十分な検査をした上で、水晶体を摘出する外科手術を行うこともあります。
ポイントは、一度重度の白内障になってしまうと手術以外で白内障が治ることはないということです。

■ 獣医師からのアドバイス

猫の白内障は、ほかの猫とのケンカによる外傷や、ほかの病気が原因で発生することが多いといわれています。多頭飼育の場合は、ほかの動物とケンカなどをしていないか、また感染症などの予防はできているかを確認してください。

また、“目が白い=白内障”と判断して様子をみていて、実はほかの病気が隠れていることが少なくありません。しっかり猫と“アイコンタクト”をとって早期発見をし、異常を感じたらすぐに獣医に相談してくださいね。