えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015/画像はチームラボ公式Webサイトより

写真拡大

海の生きものたちが悠々と泳ぐ姿を、ゆったり眺められる水族館

【お泊まりにビアガーデン! この夏、絶対行きたい水族館イベント8選の画像・動画をすべて見る】

涼しく過ごせることから夏の暑い日に最適なスポットとして、家族や友人はもちろんデートスポットとしても定番となっています。

最近では、プロジェクションマッピングで映像を投影した大水槽や、夜の水族館を体験できるお泊りイベント。好奇心をくすぐるマニアックな企画展など、子供も大人も楽しめる多彩な企画を催している水族館も数多くあります。

今回は関東周辺にスポットを当て、この夏抑えておきたい注目の水族館イベント8選をご紹介します!

ただ魚を見るだけじゃない! 水族館のおもしろイベント


えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015(新江ノ島水族館)




7月18日(土)から12月25日(金)まで、ウルトラテクノロジスト集団・チームラボが、神奈川県にある新江ノ島水族館をプロデュースする「えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015」。

17時以降の「夜の水族館」という普段は体験できない特別な時間に、2万匹の魚たちが泳ぐ相模湾大水槽とプロジェクションマッピングを組み合わせた、美しいデジタルアートが体験できます。

ほかにも、人の動作に呼応して音や光を発する球体が施された空間や、紙に描いた魚が目の前の水槽で泳ぐ「お絵かき水族館」など、チームラボの真髄ともいえるインタラクティブな仕掛けが来場者をもてなしてくれます。

ドルフィンパフォーマンス(エプソン アクアパーク品川)


「水光接天」(ナイトバージョン)/画像はエプソン アクアパーク品川公式Webサイトより

「水光接天」(ナイトバージョン)/画像はエプソン アクアパーク品川公式Webサイトより



品川駅すぐそばにあるエプソン品川アクアスタジアムは、7月10日に全面リニューアル。新たに「エプソン アクアパーク品川」としてグランドオープンしました。

以前から人気を博していた360度どこからでも見られる円形プールでのイルカショーも、水の幕に模様などを刻むウォーターカーテンや照明を新設して演出が進化。

昼夜で異なる演出で魅せる特別なイルカパフォーマンスを楽しむことができます。こちらは8月31日(月)まで。

ペンギンと音楽の夜〜Penguin Music Night〜(すみだ水族館)


3月14日開催時の様子/画像は公式Facebookより

3月14日開催時の様子/画像は公式Facebookより



東京スカイツリータウン・ソラマチ内にあるすみだ水族館は、8月5日(水)、6日(木)、7日(金)、20日(木)、21日(金)の5日間、ペンギンたちと音楽ライブやトークイベントを楽しめるイベント「ペンギンと音楽の夜」を開催。

これまにもで数多く開催され好評を博してきましたが、今回は2人組音楽ユニット・DEPAPEPEや歌手の手嶌葵さんといった豪華アーティストによるライブや、DJ。飼育員による「ペンギンの恋愛模様」についてのトークなどが行われます。

さらに会場では、地元のビールメーカーとコラボした限定クラフトビールも販売。お酒片手に夜の水族館を楽しめる大人なイベントとなっています。

南国ビアガーデン(サンシャイン水族館)


画像は公式Webサイトより

画像は公式Webサイトより



池袋にあるサンシャイン水族館では、7月18日(土)から8月31日(月)まで屋外のマリンガーデンにて「南国ビアガーデン」を開催。

約2m30cmの高さに設けられたドーナツ型の水槽・サンシャインアクアリングで、ペンギンの泳ぐ姿を下から眺めながらビールやフードに舌鼓。ステージではファイヤーダンスやフラダンスショーなども行われ南国気分を味わえます。

メニューの中には、水族館にぴったりな青い発泡酒「流氷ドラフト」も販売されますので、こちらも要チェックです!

ウォーターパーティ(横浜・八景島シーパラダイス)


画像は公式Webサイトより

画像は公式Webサイトより



横浜・八景島シーパラダイスでは、ずぶ濡れになって楽しめる夏限定イベント「ウォーターパーティ」が7月18日(土)から8月31日(月)まで開催されます。こちらは水族館・アクアリゾーツと遊園地・プレジャーランドを含め、施設全体で実施されるもの。

水族館では、謎の水かけ仕掛け人「シーパラン」や海の生きものたちが容赦なく繰り出す水しぶきで、全身びしょ濡れで楽しめる「ずぶ濡れパーティタイム」や、クジラのジャンプによる豪快な水しぶきなどを近距離で体験できる「スプラッシュタイム」などが催されます。

大量の水を浴びて涼しくなれる夏ならではのイベントですが、くれぐれも着替えの用意を忘れずに!

「トロピカル・ナイトステイ」&「ロッキー・ナイトステイ」(鴨川シーワールド)


トロピカル・ナイトステイ

トロピカル・ナイトステイ



千葉県にある鴨川シーワールドでは、水槽の前に寝袋を敷き、海の生きものたちが泳ぐ姿を鑑賞しながら一夜を過ごすお泊りイベント「ナイトステイ」を開催。

7月18日(土)、19日(日)、25日(土)と、8月1日(土)、6日(木)から11日(火)、18日(火)、22日(土)、29日(土)の13日間限定で実施。各日とも先着順で人員が決められているため、予約が必要です。

巨大水槽の前で熱帯魚の姿を見ながら過ごす「トロピカルアイランド・ナイトステイ」と、プールの壁にある水中観覧窓の前で、イルカやアシカ・アザラシ、セイウチなどの姿を眺めて過ごす「ロッキーワールド・ナイトステイ」の2種類が用意され、どちらも幻想的な時間を過ごせそうです。

海の生きものイベント番外編


超・深海展2015(コニカミノルタプラザ)


画像は公式Facebookより

画像は公式Facebookより



新宿駅東口にあるギャラリースペース・コニカミノルタプラザでは、深海生物の大判写真や、標本、映像などを展示し、深海の魅力に迫る「超・深海展」を、7月16日から8月11日(火)まで開催。

3回目となる今回は、「流氷の天使」とも呼ばれる「クリオネ」の生体展示のほか、「チムニー」と呼ばれる熱水噴出孔の大型模型なども展示。いまだ謎多き深海の世界に迫る展覧会となっています。

48th Sony Aquarium(ソニービル)


上映イメージ

上映イメージ



銀座にあるソニービルでは、7月24日(金)から9月6日(日)まで、沖縄美ら海水族館の監修のもと「『48th Sony Aquarium』〜Meet Doki Doki 美ら海の世界と出会う夏〜」を開催。

屋外にあるイベントスペース・ソニースクエアでは、14トンの大型水槽を設置、ヤジブカ(メジロザメ)をはじめ、本物の魚たちが泳ぐ姿がみられます。

8階にあるコミュニケーションゾーン・OPUS(オーパス)では、ソニーのデジタル一眼カメラ「α7S」とデジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム「FDR-X1000V」を使用し4Kで撮影された等身大のジンベエザメや、沖縄の海の生き物たちの映像を、横7.6m×高さ2.7mという迫力の大画面で鑑賞できます!