写真提供:マイナビニュース

写真拡大

現在テレビ朝日系で放送中の特撮TVドラマ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場する「ライオンハオー」の玩具、『シュリケン合体 DXライオンハオー』が7月18日にバンダイより発売された。価格は10,778円(税込)。

ライオンハオーは、伊賀崎 好天が雑賀鉄之助とともに制作したライオン型のオトモ忍「ライオンハオージョウ」が、シュリケン忍法ライオン変化で変形したロボット。「アカニンジャー超絶」が胴体部にあるライオンの口の中に移動して操縦し、獅子王の本来の姿でもある。第20話「ザ・超絶!ライオンハオー」に初登場し、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場する3番目の巨大ロボとなる。

『シュリケン合体 DXライオンハオー』は、「ライオンハオージョウ」「ライオンハオー」の2つのモードに変形できるほか、付属の「アカニンジャー超絶」も搭乗可能。「オトモ忍シュリケン覇王」も同梱され「ライオンハオー!」の音声を収録するほか、別売の『忍者一番刀』とも連動している。

また、現在バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」では、大人の戦隊ファン"に向けた玩具シリーズ「戦隊職人 〜SUPER SENTAI ARTISAN〜」第5弾となる『戦隊職人 超合金 オトモ忍ロデオマル』も予約受付中。

(C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映