皆さん「ケフィア」をご存知ですか?一見ヨーグルトのようにみえますが、ヨーグルトは全く異なる食材なのです。ケフィアとは、ロシア・コーサカス地方で生まれた発酵食品であり、近年のヨーグルトブームの影響を受け、ケフィアにも注目が集まるようになりました。

ケフィアってヨーグルトと違うの?

ケフィアとはロシアのコーサカス地方で生まれ、近年のヨーグルトブームを受け、世界中にその効果が知れ渡るようになりました。コーサカス地方は、長寿地域、そしてキレイな人が多い地域としても有名。コーサカスの山岳民族がヤギの乳を搾り、それを革袋に次ぎ足して持ち歩いているうちに「ケフィア」ができあがったと伝えられています。

ヨーグルトは乳酸菌だけで発酵しますが、ケフィアは乳酸菌はもちろんのこと、さまざまな菌で作られているため、ヨーグルト以上に健康・美容効果があるともいわれています。コーサカス地方の人々は普段からケフィアを食しているということもあって、90歳以上になっても現役で働いている人が多いとか。「長寿」や「若返り」を意識する人にとっては、ケフィアは欠かせない食材なのかもしれませんね。

ケフィアは腸内環境を整えてくれる

ケフィアには15種類以上の乳酸菌、そして10種類以上の酵母菌などが含まれているといわれています。乳酸菌は、体内に入ると善玉菌のエサとなり、悪玉菌が増えつつあった腸内環境を整える働きがあります。つまり、お腹に関する不調を和らげることができるのです。もちろん便秘にも効果を発揮してくれますよ。

ケフィアには他にも、免疫力の向上や美肌効果など、あらゆる場面で私たちの健康をサポートしてくれます。「美」や「健康」を意識する女性にとっては必要な食材。コーサカス地方の山岳民族のように、いつまでも活き活きと過ごすためにも「ケフィア」を定期的に摂取してみるといいのかもしれません。


writer:山口 恵理香