浴衣男子は帯の高さでオシャレがきまる

写真拡大

 下駄をカラコロと鳴らしながら歩く浴衣の女性をみかけると、今日はどこで花火大会だろうと思い浮かべる季節になった。今年のイトーヨーカドーやイオンの浴衣CMをみると、女性だけでなく男性も登場している。そのことに不自然さを感じなくなったように、最近は男性の浴衣姿を見かける機会が増えている。浴衣男子は、いまや夏の風物詩となりつつあるようだ。

 首都圏で「着物レンタル あき」を運営するベル・コーポレーション代表の鈴木健太郎さんも、浴衣男子が増えていると感じている。

「2〜3年前からカップル利用を中心に男性の浴衣レンタルが増えています。法人のイベント利用も増加中です。花火大会や夏祭りなど、特別な日に浴衣を着ることそのものが楽しまれているようです。若い方だけでなく、幅広い年齢層でご利用が増えています。SNSなどネットで共有した写真などをきっかけに浴衣の利用に踏み切る方が多いようです。カップルでご利用の場合は、たいてい女性が男性のぶんも一緒に申し込まれていますね」

 価格も手ごろで気軽に非日常を演出できる浴衣は、特別な日にぴったり。隅田川花火大会など人気イベントのときには、5月ごろから浴衣の予約をする人も。というのも、人気柄の浴衣は1〜2か月前には予約でいっぱいになってしまうからだ。最近の傾向としてはブランドよりも柄で選ばれることが多く、男性用で定番の無地だけでなく龍など派手な柄にも人気が集まっている。

 浴衣男子の増加は季節の風物詩として目にも楽しいが、気になることも。裾が大きく広がり、まるでスカートのようになっている男性が少なくないのだ。前出の鈴木さんは「帯の位置が高すぎるのが原因でしょう」という。

 男性の場合、帯は腰骨の真上で締めるものなのだが、洋服のベルトと同じようにヘソの上に締めてしまい、それでは裾が広がるなど着くずれしやすい。帯は前を下げ後ろに上げて締めれば粋な着こなしとなるが、平行に締めてしまう人が少なくない。日常生活で着物に接する機会が少なくなっただけでなく、テレビ等で放送される時代劇ドラマが消えて久しいため、着物の粋な着こなしを見かけなくなった影響も大きい。

「来店される方に無料で行なっている着付けサービスのとき、必ず“所作”についてもレクチャーしています。たとえば、お手洗いを利用するときに着くずれしないコツなどをお伝えします。洋服と同じ感覚で歩幅を大きくしていると、着崩れしやすいのが着物です。でも、少しの工夫と慣れで浴衣をきれいに楽しめるようになりますよ」(前出・鈴木さん)

 帯の位置が高すぎる男性の着付けは、いつも渦巻き模様の着物を胸下で締めている赤塚不二夫のギャグマンガ『天才バカボン』の主人公バカボンと同じだ。子どもであればかわいらしいが、大人の浴衣男子であれば、ぜひとも粋な着こなしを見せてほしい。