階段をスムーズに昇り降りできなくなったら要注意! shutterstock.com

写真拡大

 最近、階段の上りで手すりをつかんでしまう。よく家の中で滑ったりつまずいたりするようになった――。

 そんな人は、年齢に関わらず「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」が進行している可能性があるので要注意だ。ロコモとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板など、身体を動かす「運動器」の障害によって「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態のこと。進行すると日常生活に支障が生じ、要介護や寝たきりになるリスクが高まる。

 日本整形外科学会は、超高齢社会・日本の未来を見据えて、2007年にこのロコモという概念を提唱した。今は予備軍を含めると、4700 万人にロコモの危険性があると言われている。2025 年には、いわゆる団塊世代が75歳を超え、国民の5 人に1人が後期高齢者になると推計される。運動器を長持ちさせるためのロコモ対策は、今やわが国の最重要課題なのだ。

3つのテストで簡単にロコモを判定

 日本整形外科学会では今年5月、ロコモの進行具合をチェックする新たな判定法を発表した。2013年に発表していた「ロコモ度テスト」をベースにして、「ロコモ度1」「ロコモ度2」の2段階に自分が該当するかどうかをチェックし、ケアや医師への受診に役立てて欲しいというものだ(https://locomo-joa.jp)。

 次の3つのテストによって「ロコモ度」を判定する。いずれも時間がかからず簡単なので、仕事の合間にでもぜひチャレンジして欲しい。

[ち上がりテスト
 腕を組んで高さ40僂梁罅閉磴瓩離ぅ后砲棒く座り、反動をつけずに片足で立ち上がって3秒間静止する。左右両足ともできれば合格。できた人は高さ30僉閉磴瓩離愁侫 爾箜段)、20僉並台など)と、台を10僂困陳磴して挑戦するとよい。片足ができなかった人は、両足で同様に台を低くしていく。

判定:高さ40僂梁罎らどちらか一方の足で立ち上がれなければ「ロコモ度1」
   20僂梁罎ら両足で立ち上がれなければ「ロコモ度2」

2ステップテスト
 まっすぐ立った姿勢から思い切り大股で2歩歩き、距離を測定して身長で割った「2ステップ値」を出す。2回行い、良かった方の記録を採用する。

判定:2ステップ値が1.3未満なら「ロコモ度1」
   2ステップ値が1.1未満なら「ロコモ度2」

ロコモ25
 サイト内にある、普段の生活に関わる25の質問(https://locomo-joa.jp)に答え、その選択肢の合計点数で運動器に関わる身体・生活状況を評価する。

判定:7点以上で「ロコモ度1」
   16点以上で「ロコモ度2」

20代、30代から知らず知らずのうちに低下!

 結果的に、年齢にかかわらず上記3つのテストでどれかひとつでも当てはまるものがあれば、「ロコモ度1」ないしは「ロコモ度2」と判定される。

 ロコモ度1は、筋力やバランス力が落ちて機能の低下が始まっている状態。定期的な運動と、十分なタンパク質とカルシウムを含んだ、バランスのとれた食事に気をつける必要がある。ロコモ度2は、歩行など基本的な動きの衰えが進んでおり、自立した生活ができなくなるリスクがある。特になにかしらの痛みが伴う場合は、整形外科の専門医を受診した方がいい。

 運動器の機能は高齢になって突然落ちるわけではなく、20代、30代から知らず知らずのうちに低下していく。デスクワークでほとんど身体を動かさない人であれば、年齢にかかわらずロコモの兆候が現れるケースも多い。前述のテストで自己判定してみて、焦る人もいるのではないだろうか。

 要介護や寝たきりにならず、老年期をイキイキと過ごすには、若いうちから自分の運動器の状態をきちんと把握し"メンテナンス"を行なうことが大切だ。ぜひ定期的にチェックして、ロコモ対策に役立てて欲しい。
(文=編集部)