Doctors Me(ドクターズミー)- 【基礎体温を付けよう!】基礎体温の正しい測り方、4つのポイント!

写真拡大

基礎体温で何が分かるの?

「基礎体温」を測ってみなさいと言われたことはありませんか?
やってみると毎日のことでかなり面倒なものです。
しかし基礎体温からは、女性の身体に大事な色々なことが分かります!

【基礎体温で分かること】
・生理周期について
・妊娠する可能性の高い期間(排卵日)
・妊娠したか、していないか
・生理不順の方は、生理不順の原因推察
・身体の調子
…など
●基礎体温から分かる、妊娠可能時期

これらのことを正しく判断するために、まずは"正しく"基礎体温を測る必要があります。

体温計は「基礎体温測定用」を使う

普通の体温計では精密に測れません。
普通の体温計に類似した、測定だけしてくれる基礎体温計の他に、最近は測った体温を自動で保存してくれたり、コンピューターに出力したりするものもあります。
毎日測定してそれを記録しておく必要がありますので、自動保存するものはとても便利です。さらに自動的に解析してくれるものもあります。
こういった性能の違いにより金額も違いますので、自分に合ったものを選んでください。

基礎体温の正しい測り方、4つのポイント!

1. 寝る前に体温計を枕元に置いておきましょう。
朝起きて、体温計を探し回るようでは困ります。

2. 朝目覚めて、そのまま測定しましょう。
目覚めても起き上がらずに、まだ体を休めた状態で体温を測ります。

3. できる限り毎日同じ時間帯で体温を測りましょう。
トイレなどに起きてしまった場合、すぐに寝床に戻って30分くらい静かにした後測定することも可能ですが、朝の30分はなかなか難しいかもしれませんね…

4. 測る場所は正確に。
体温計の説明書に書いてありますが、ほとんどは口の中で測ります。舌下の一番奥中央にあるスジの両側が正しい検温位置です。舌の下にはさみこんで、じっと安静にしましょう。

最初は習慣づくまで時々測定できない日があっても、あまり深刻にならずに続けくださいね!