「腸内フローラ」ということばを知っていますか? 健康をテーマするテレビ番組や健康雑誌で取り上げられて今注目の話題になっています。腸とお花畑がどんな関係があるのでしょうか? ここでは腸内フローラの意味と健康についてまとめてみました。

腸内フローラって一体何?

腸内フローラは、別のいいかたをすると腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)。腸内細菌は、善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌など)、悪玉菌(ブドウ球菌、ウエルシュ菌)、環境によってどちらかの菌に傾く日和見菌(大腸菌、バクテロイデス)に分類されます。これらの腸内の細菌が種類別に集まって、種類別に植えられた花畑(フローラ)のような状態になっているのが腸内フローラ。この状態は、小腸の終わりにある回腸から大腸にかけて見られるもので、腸内フローラは、人間の顔や性格が違うようにひとりひとりが異なります。生活習慣、年齢、ストレスの状態によっても変化するものです。腸内フローラが増えると腸内細菌がかたまりになり、便として対外に排出されます。

腸内フローラと健康との関係は?

人間の体が健康な状態であれば、善玉菌が優位で悪玉菌が少なくなり、腸内フローラの環境が整います。加齢や不健康な状態になり、悪玉菌が優位になると、腸内にアンモニア、インドール、フェノールなど体に有害な物質が増加。おならが臭くなり、これらの物質が腸管から吸収されて肝臓、心臓、腎臓に負担をかけます。その結果消化機能・脂質の代謝・免疫機能が低下して、便秘、肌荒れ、肥満などになり、やがてはがんなどの生活習慣病や老化につながることもあるのです。

腸内フローラの環境を整えるには

腸内フローラの環境を整えるには、善玉菌を増やしましょう。善玉菌は、野菜や果物の食物繊維や乳酸菌、こうじ菌などの菌類やオリゴ糖などをエサにします。これらが分解されて乳酸・酢酸・酪酸・プロビオン酸などが作りだされると、腸内は酸性になり悪玉菌が減少。野菜や果物に含まれるビタミンB群は、体内への細菌の侵入を防いだり、悪玉菌が作る腐敗物質を分解したりするはたらきをもちます。胚芽米、玄米、卵、納豆、牛乳などビタミンB群を含む食品をぜひ食事に取り入れましょう。


writer:松尾真佐代