<バーバゾル選手権 2日目◇16日◇RTJゴルフトレイル(7,302ヤード・パー71)>
 米国男子ツアーに今季より加わった新規トーナメントの「バーバゾル選手権」。「全英オープン」の繰り広げられる戦いの予選ラウンドが終了した。
 2日間を終えてトップに立ったのはトータル9アンダーのキム・ミンフィ(韓国)、マーク・ヘンスビー(オーストラリア)の2人。ヘンスビーは7バーディ・1ボギーとスコアを7つ伸ばしトータル9アンダーとリーダーボードを一気に駆け上がった。1打差の3位タイにはエミリアーノ・グリッロ(アルゼンチン)、サム・サウンダース(米国)、チャーリー・ベルジャン(米国)の3人が続いている。
 13位タイからスタートした石川遼は、3連続バーディ等でトータル5アンダーまで伸ばしたが、20位タイに順位を落とした。もう1人の日本勢・今田竜二はスコアを1つ落としトータルイーブンパー。81位タイで予選落ちとなった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>