聖地に別れを告げたワトソン、1ホール1ホール噛み締めるようにラウンドした(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全英オープン 2日目◇17日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>
 18番ホールのフェアウェイ。トム・ワトソン(米国)の姿を認めると、左右前後、さらにはコース脇の建物のテラスにいるギャラリーから、一斉に拍手が沸き起こった。そしてワトソンがスウィルカン・ブリッジに歩を進め、真ん中で立ち止まって帽子を取る。座っていた観客は皆立ち上がり、スタンディングオベーションで65歳を迎えた。
【写真】今大会ではいつも以上にサインを求められたワトソン
 1970年以降の現代ゴルフでは史上最多となる5度の全英オープン制覇しているミスター・全英オープン。元々は、昨年のロイヤルリバプール大会が最後の全英オープンとなるはずだったが、主催者のR&Aが特例を認めて今大会の出場権を与えられた。当時ワトソンは「最後はアーニーみたいにセントアンドリュースで終わることができる」と、子どものように無邪気に喜んだ。
 そして1年後の今大会。大会前の記者会見では、「(来年の大会の出場権を得られる)10位以内に入るのは期待していない」と話しつつ、「もしトップ10に入れたら、それはとてつもなく喜ばしいこと。5年間また延長できる」と名残惜しそうに付け加えた。
 しかしそれは叶わなかった。初日は4オーバーで、2日目にわずかな望みをつなげた。だがこの日はさらに崩れて通算12オーバー、暫定最下位と落ち込んでしまう。ワトソンは言う。「私の道具箱はもう半分空になってしまった。道具がない、もしくは錆びついている。私のようにね」。
 75年にカーヌスティで初出場初優勝の偉業を達成して以来、40回目の全英オープン。あれから丸40年が経ち、2枚目の青年は老紳士となった。強風の中でのラウンド直後は疲れ切った表情は隠せなかった反面、すべてをやり切った清々しさが印象に残った。
 18番グリーンでは頬を紅潮させて、必死に涙をこらえた3パット。試合後の記者会見では「感情的になるべきことではない。祝福する時だ」と満面の笑みで、自身が望んだセントアンドリュースの全英オープンに別れを告げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>