Doctors Me(ドクターズミー)- 色素沈着で一気にふけ顔?正しい化粧の落とし方!

写真拡大

女性のみなさん、メイクの落とし方はどうしてますか?
疲れて帰宅した際、メイク落としシートが便利で使っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、メイクの落とし方を間違えてしまうと、肌トラブルにつながります。 今回は医師に正しいメイクの落とし方を聞いてきました。

■ メイク落としシートは肌に負担大!?

便利に思われるメイク落としシート。
だけど、普通のクレンジングと比べるとどうしても肌に摩擦を生じさせやすいもの。 シートで落ちることをうたっている分、その洗浄力は通常のクレンジング剤に比べて強く、肌に対して必要以上に刺激を与える原因にもなってしまいます。さらに、シートで拭いた後でも、メイク落とし成分がそのまま肌に付着した状態になるので、結局、ダブル洗顔をする必要があります。

お肌のことを考えるならメイク落としシートの使用を控えるようにして、緊急時以外は普通のクレンジングで落としましょう。

■ アイメイクとベースメイクは分けて落として!

メイク落としのポイントは、2種類にパーツ分けして行うことです。
アイシャドーとファンデーションは、使用されている色素や物質は異なるので、メイク落としも2種類に分けて行う必要があるのです。
ポイント1:アイメイクをポイントメイク落としを使ってしっかり落としましょう。
ポイント2:クリーム状メイク落としでベースメイクを落としましょう。
メイク落としは、しっかりメイクになじませて、ふやかして落とすようにしましょう。

メイク落としは、少なすぎないように気をつけましょう。量が少なすぎると、肌への摩擦が大きくなり、肌トラブルにつながります。 うまくメイクを落とすためのポイントも2つあります。
ポイント1:力を入れずに指先でやさしくなじませるようにしましょう。
ポイント2:すすぐ際はぬるま湯を使い、手早くすすぎましょう。
熱すぎると肌が乾燥しやすくなり、また冷たい水だと油が落ちきりません。

【医師からのアドバイス】

メイク落としには、時間をかけすぎないよう注意しましょう。必要以上に時間をかけてしまうと、乾燥や肌荒れの原因になります。理想としては、すすぎまでを含め、約1分以内で終わらせることです。
どうしても面倒くさく感じてしまいますが、毎日しっかりメイクは落とすようにしてくださいね。