10項目で自己診断!「オトナの女性」と「女の子」の違い

写真拡大

SNSのチェックを欠かさず、流行に敏感、食事はできるだけヘルシーなものを選ぶ。一見よくありがちな女性の行動に思えますが、実はあなたがまだ「子ども」であることの表れなのかも──。

そう述べるのは、「Elite Daily」の人気ライターPaul Hudson氏です。彼によると、日常のふとした行動に「大人の女性」と「女子」の違いが表れるのだとか。

01.
露出が多い「女の子」
あえて露出しない「大人の女性」

肌の露出を無理に増やさなくても、セクシーさは演出できると大人の女性は知っています。むしろ、自分に自信があるので何を着てもセクシーだと思っています。

02.
わかって欲しがる「女の子」
言葉で伝える「大人の女性」

女の子は、わざわざ言葉にしなくても彼氏が自分の考えを理解してくれると勘違いしがち。実際、それができる男性は少ないのに……。大人の女性は男性の生態をわきまえているので、ちゃんと言葉で伝えようとします。

03.
おごられて当然な「女の子」
時にはおごる「大人の女性」

甘やかされ、世話を焼かれるのが好きな女の子。例えば彼氏と食事に行った時、ごちそうしてもらうのが当たり前だと思っているのでバッグから財布を出す素振りもしません。ただ「ありがとう〜」と言うだけです。

一方大人の女性は、時に自分がごちそうする側にも回ります。お金のためではなく、本当に大切だから一緒にいることを彼に示すために。

04.
お酒を飲み過ぎる「女の子」
適量で止める「大人の女性」

クラブでショットグラスを次々にあけていく大人の女性を見たことはありますか?きっとないでしょう。彼女たちがそんな愚かな行為をするはずがありません。

自分の限界を知っているので、お酒の量をコントロールできるのです。それができず酔いつぶれるまで飲んでしまうのは、女の子である証拠です。

05.
何度もSNSをチェックする「女の子」
たまに見るのが「大人の女性」

慌ただしい生活を送っているの大人の女性は、そもそもFacebookをあまり見ていません。彼氏との関係を公開することもありますが、それは思い出して更新するだけ。

女の子はみんなを驚かせようと、新しい恋人ができるとすぐに更新します。

06.
くだらないテレビが好きな「女の子」
読書が好きな「大人の女性」

たまに面白いテレビ番組はありますが、くだらないもののほうが多いのが実情です。だから大人の女性は家にいてもほとんどテレビを観ません。読書に没頭していることのほうが多いのです。数十年後には忘れられるような「意味のないポップカルチャー」に時間を無駄遣いするのは女の子です。

07.
話が退屈な「女の子」
盛り上げ上手な「大人の女性」

これは一番大きな違いかも!?ハッキリ言って女の子は会話が下手です。だって、世界の最新ニュースを知らないし知的な趣味もないから。意見も自分で考えたものではなく、どこかで読んだり聞いたりした受け売りです。つまり、一緒にいても退屈するだけってこと。

08.
サラダを食べる「女の子」
ガッツリ食べる「大人の女性」

大人の女性がサラダを食べないという意味ではありません。もちろん食べる時もあります。でも、女の子のように男性の前ではサラダだけを食べ、家に帰ったらすぐにアイスクリームを食べるようなことはしません。彼女たちは健康的だと思ってほしいから、ヘルシーなものを好みます。

しかし、大人の女性は男性と一緒にハンバーガーやフライドポテトを食べるし、あとで調整すれば大丈夫なことも理解しています。

09.
受け身な「女の子」
自発的な「大人の女性」

大人の女性は人生経験が豊富なので、一瞬一瞬の大切さをわかっています。だから、できる限り自分の目で世界を見て、人に会い、可能性を追求します。情熱的で目標があり、自分の意志に従って人生を進める。

しかし、女の子は自分の目的がよく分かってないので、進むべき方向を示してくれる男性が現れるのを期待しているだけ。

10.
守ってもらいたい「女の子」
自分自身を守る「大人の女性」

自分自身を守れる女性ほどセクシーな人はいません。すべての女性にはそれができるはずですが、実際に実行するのは少数。女の子は人生をさまよい、守ってくれる誰かを探そうとする。

大人の女性は自分で欲しいものを手に入れられるので、誰の助けも必要ないのです。強く、自信があり、自立している。大人の女性こそが目指すべき女性像なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily