Doctors Me(ドクターズミー)- 3種混合ワクチンは必須!猫のワクチン接種の種類は?

写真拡大

海外旅行に連れて行く際はワクチンを!

海外にネコちゃんを連れて行く場合には、狂犬病ワクチンの接種が必要となりますが、行かない場合は、混合ワクチンのみの接種で大丈夫です。
混合ワクチンには主に以下の5つの種類があります。

【1】3種混合ワクチン ※必須!

・猫ウイルス性鼻気管炎
・猫カリシウイルス感染症
・猫汎白血球減少症

基本の3種のウイルスはどれも日本中に見られ、1つ目、2つ目の猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症はネコ風邪の原因になるため、3種混合ワクチンは必ず接種していただきたいワクチンです。

また3つ目の、猫汎白血球減少症は環境中での抵抗性が強く、人がウイルスを服や靴につけて持ち帰ってしまう可能性もあるので、室内飼いのネコちゃんでもワクチンの接種をお勧めします。

【2】4種混合ワクチン

・上記に加えて、猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルスは唾液に大量に排泄されるため、喧嘩による咬み傷、猫同士の毛づくろい、食器の共有などで感染します。多飼いでその中に白血病のネコちゃんがいる場合には、他のネコちゃんにはワクチンを打ってあげるほうが良いでしょう。また外出するネコちゃんにも接種してあげることをお勧めします。

【3】5種混合ワクチン

・上記に加えて、クラミジア感染症

クラミジア感染症に関しては、必要性は低いですが、多頭飼い、外出する猫は接種したほうが良いでしょう。

【4】7種混合ワクチン

・上記に加えて、複数の猫カリシウイルス感染症(複数のタイプを予防)

【5】猫エイズワクチン

猫エイズウイルスは喧嘩、交尾により感染するので、外出するネコちゃんは接種をお勧めします。

ネコちゃんのライフスタイルにあわせ、獣医師と相談した上で、接種するワクチンの種類を検討しましょう。