期待のルーキー・堀琴音、今季最高のスタートを切った(撮影:福田文平)

写真拡大

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 初日◇17日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,554ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サマンサタバサ レディス」が茨城県のイーグルポイントゴルフクラブを舞台に開幕。昨年プロテストに合格したツアールーキー、堀琴音は初日3バーディ・ノーボギーの“69”をマーク。3アンダーで首位と2打差の4位タイと好スタートを切った。

 堀は昨年の女子ツアーで“アマチュア旋風”を巻き起こした1人で、今季の活躍が期待される新鋭。しかし、今季は開幕戦から3戦連続の予選落ちと苦しい船出に。ここまでトップ10フィニッシュも2回あるが、思うように結果を出せずにいた。
 オープンウィークは同じアドミラルを着用する小平智を応援しに、兵庫県で行われた男子ツアー「ミュゼプラチナムオープン」へ。男子ツアーを観戦し、「やっぱりレベルが違うな、と。ショットが全員ピンにいくし、それを見て私も攻めないとと思いました」と刺激を受けたという。
 「最初のほうは攻めてたけど、最近はどちらかというと逃げすぎていたかもしれない。男子と女子では違うけど、これぐらい攻めなきゃいけないなと」、戦っていくうちに薄れていた攻めのゴルフの意識を思い出した。19歳の堀の目標は「10代のうちに1勝」すること。それには今季のうちに勝たなければならない。4位タイは今季最高の滑り出し、このチャンスをモノにできるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>