「『描(か)く!』マンガ展」が大分県立美術館で開催 - 巨匠から現代漫画家まで、名作を生む画技に迫る

写真拡大

展覧会「『描(か)く!』マンガ展〜名作を生む画技に迫る──描線・コマ・キャラ〜」が、2015年8月1日(土)から9月23日(水・祝)まで、大分県立美術館で開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

本展覧会では、マンガを「描く」「人に見せる」「たのしむ」という、マンガの本質的な営為に着目し、優れたマンガ家たちの卓越した作画技術を紹介するとともに、その時代背景をさまざまな視点から改めて見つめ直していく。

手塚治虫※1、石ノ森章太郎、藤子不二雄Aといった巨匠たちの子ども時代やデビュー前後の貴重な作品から、さいとう・たかを、竹宮惠子といった現代マンガの最前線を走る8人のマンガ家たちの貴重な原画約300点を一堂に展示。名作はどのようにして生まれるのか、「マンガを読む」という行為とはまた違った観点から作品を楽しめるだろう。

※1「塚」は旧字体

【開催概要】
『描(か)く!』マンガ展〜名作を生む画技に迫る──描線・コマ・キャラ〜
開催期間:2015年8月1日(土)〜9月23日(水・祝)
開館時間:10:00〜19:00
※金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
※初日8月1日(土)は12:00開場
休展日:9月1日(火) ※コレクション展は開展
会場:大分県立美術館 3階 展示室B
料金:
当日券 一般 ・大学生 800円、小中高生 600円
団体券 一般 ・大学生 600円、小中高生 400円
※団体料金は20名以上。
※小学生未満は無料。
※学生は入館の際に学生証の提示が必要。
※障がい者手帳の提示者と付添者(1名)は無料。
※本展覧会の半券で、本展の会期中に限りコレクション展観覧料が100円引き。
※一部作品については展示替えあり。