写真提供:マイナビニュース

写真拡大

小杉光太郎による4コマ漫画で、2014年7月〜9月にTVアニメも放送された『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』に登場する、「三ヶ月ゆい」がフィギュア化され(Phat!)、2015年12月に発売されることが決定した。現在「GOOD SMILE ONLINESHOP」にて予約受付中で、価格は13,800円(税別)。

三ヶ月ゆいは、流川市のゆるキャラ「魚心くん」の中の人を担当している子で、主人公・宇佐美奈々子たちと同じ流川第三女子高校の3年生。声優志望だが人に見られると緊張してしまう性格のため、周囲の視線になれるため着ぐるみのバイトを行っている。今回は1/8スケールでフィギュア化され、全高は約200mm。原型制作はiTANDiが担当している。

実際のフィギュアは、流川市ご当地キャラ「魚心くん」の着ぐるみを装着したイラストを元に立体化。「ゆい」と「魚心くん」それぞれに台座、組み換えパーツが付属し単体状態を並べてもディスプレイできる。また、ゆいの手に持たせるスポーツドリンクは流川市名物「みりんサイダー」にも持ち替え可能。

商品価格は13,800円(税別)で、「GOOD SMILE ONLINESHOP」の予約締切は、2015年8月19日21:00。商品の発売および発送は、2015年12月を予定している。

(C)小杉光太郎・一迅社/流川市ふるさと振興課