宙に浮く「ホヴァーボード」、新たな動画が公開される

写真拡大

レクサスが、6月に続いて「ホヴァーボード」の新たな動画を公開した。今回は、このホヴァーボードのテストに参加したというプロスケートボーダーの姿が映っている。

ほぼ全くと言っていいほど謎に包まれた「レクサスのホヴァーボード」(日本語版記事)が、少しだけリアルな姿を見せた。トヨタ自動車の高級ブランドであるレクサスが、新しい動画を公開したのだ。

「宙に浮く「ホヴァーボード」、新たな動画が公開される」の写真・リンク付きの記事はこちら

SLIDE」と呼ばれるこのボードは、竹とカーボンファイバー、そして液体窒素を使っている(内側から霧のような煙が出ているのはそのためだ)。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で主人公のマーティ・マクフライが水のある場所をホヴァーボードで飛び越えて脱出したシーンを、この映画の設定と同じ2015年中に叶えるという夢を果たすのは難しそうだ。金属板を全面に仕込んだ、特製のスケートボード場で試してみるなら話は別だが。

関連記事『BTTF』が描いた2015年のドキュメンタリー映画

レクサスは、このボードが実際に使われている場面をまだ公開していない。今回の動画は、浮き上がったまま静止しているボードが、このボードのテストを行うプロスケートボーダー、ロス・マクグランの楽しそうな声とともに映し出されているだけだ(「まるで本当に空中を浮遊しているようだ」と彼は語っている)。

とても興味を掻き立てられるが、実際に飛んでいる姿を見られないうちは、何とも言いようがない。だが、レクサスが公開を急ぐつもりはないようだ。前の動画が公開されたのは3週間前のことであり、これが実際の乗り物のコンセプト作品なのかどうかもまだわかっていない。

前回の記事(日本語版記事)で触れたように、レクサスのボードは実在する初めてのホヴァーボードというわけではない。飛行距離で驚くほどの世界記録を樹立した、ドローン型のコンセプト作品がすでに作られているからだ。

磁石で浮上するボードの実験を行っている研究者は他にもいる。また、大した理由もなしに、中身のない話題作りのために巧妙なマーケティングキャンペーンを仕掛けようとしているだけの人たちもいる。レクサスの場合、彼らが舞台裏でもっとさまざまな取り組みを行っているのは明らかだが、YouTubeの動画以外に何が出てくるのかわかるまでには、しばらく待つ必要がありそうだ。

TAG

Back to the FutureHoverboardLexusVideoWIRED UK