東アジア杯代表はJでの実績を重視か…“長谷部の後継者”遠藤航の選出に期待

写真拡大

文=青山知雄

 果たしてヴァイッドの狙いはどこにあるのか。

 8月上旬に中国・武漢で行われる東アジアカップ2015。この日本代表は国内組と同大会参加の3カ国でプレーする選手で編成されることになり、先行して予備登録選手50名が発表されている。ここから最終的に23選手が選抜されて大会に臨む。

 9月からロシア・ワールドカップのアジア2次予選が佳境を迎えることを考えると、今後に向けて新戦力を発掘しておくことが必要不可欠となる。2013年に韓国で行われた前回大会も国内組で臨み、そこで代表デビューを果たした柿谷曜一朗(現バーゼル/スイス)や山口蛍(セレッソ大阪)、齋藤学(横浜F・マリノス)が翌年にブラジル行きの切符を手にした。指揮官のスタイルを国内組に植え付けるという目的はもちろん、国内組の実力を見極め、新戦力の台頭に期待することも、この大会の大きな注目ポイントと言える。

 特にリオデジャネイロ・オリンピック出場を目指すU−22日本代表から9選手がノミネートされている点は見逃せない。ハリルホジッチ監督は「日本代表チームに約束されたポジションはない」と断言しているだけに、今大会での活躍が今後につながることは間違いないだろう。

 今回の東アジアカップは新戦力の発掘と大会制覇という二つの結果を求められる大会。果たして指揮官はいかなる意図を持ってメンバーを選ぶのだろうか。

 3月の就任以降、ハリルホジッチ監督は自身の日本代表メンバー発表において、常に4-2-3-1の各ポジションに2選手(GKは3選手)を配した資料を手に会見に臨んでいた。この傾向は6月のワールドカップ予選まで変わっていないことから、ここではまず予備登録に入った50選手を指揮官がベースとしてきた同フォーメーションに代表候補選手を振り分けて考えていくことにした。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【GK=3選手】
東口順昭(ガンバ大阪) 西川周作(浦和レッズ) 六反勇治(ベガルタ仙台) 林彰洋(サガン鳥栖) 権田修一(FC東京) 櫛引政敏(清水エスパルス)

 まずはGKの3選手。これまでは練習時の合理性を理由に4人体制を敷くこともあったが、今回はベンチ入りメンバーが23選手に限られることから3選手選出が妥当だろう。正GK候補の西川は確定。五輪世代の櫛引は清水でポジションを失いつつある点が気がかり。林が負傷離脱しており、過去実績から残り2名は東口、権田の招集が濃厚か。

【センターバック=4選手】
水本裕貴(サンフレッチェ広島) 丹羽大輝(ガンバ大阪) 槙野智章(浦和レッズ) 森重真人(FC東京) 大武峻(名古屋グランパス) 昌子源(鹿島アントラーズ) 岩波拓也(ヴィッセル神戸) 植田直通(鹿島アントラーズ)

 槙野と森重は当確。招集実績から考えると水本と丹羽が一歩リードだが、若手抜てきの可能性を考えると決まりとは言い切れない。水本は3月の代表戦でアンカー、丹羽は5月の候補合宿で右サイドバックでプレーしているユーティリティ性はプラスと見るものの、水本は6月のメンバーから外れ、丹羽はセンターバックとして招集されている。昌子も鹿島で左サイドバックを経験しており、有事の守備固めには対応可能。五輪世代の岩波&植田はJリーグでの出場率が低いものの、将来性を判断して逆転選出があるかもしれない。

【右サイドバック=2選手】
塩谷司(サンフレッチェ広島) 武岡優斗(川崎フロンターレ) 米倉恒貴(ガンバ大阪) 松原健(アルビレックス新潟) 川口尚紀(アルビレックス新潟)

 右サイドバックはこれまで招集実績の少ない選手ばかり。今回のメンバー争いでは最激戦区となりそうだ。広島で3バックのストッパーとしてプレーする塩谷は5月の候補合宿で右サイドバックとして選出されており、中央とサイドの双方をこなす選手として選出が有力視されたが、2nd第2節まで復帰できておらず状態が不安視される。超攻撃的なスタイルを持つ米倉は縦へのスピードとクロスが魅力。川崎で3バックと4バックの双方をこなす武岡は縦への鋭い突破を見せている注目株の一人。ともに新潟でプレーする五輪世代の松原と川口だが、松原も負傷離脱中のため川口優位か。コンディションが戻れば塩谷の選出が濃厚だが、ここは誰が選ばれてもおかしくないポジションとなる。