暑いのに甘酒?しかもヨーグルトとのブレンドって一体何?と思われるかもしれません。実は江戸時代には甘酒は夏バテを予防する飲料として飲まれていたそうです。栄養価も高く「飲む点滴」と呼ばれているほど。栄養価が抜群に高いと評判の高い甘酒ヨーグルトについてご紹介します。

甘酒ヨーグルトとは?

甘酒ヨーグルトは文字通り、甘酒とヨーグルトを使った飲料。甘酒ヨーグルトの製品もありますし、市販のヨーグルトと甘酒を混ぜて作ることも。プレーンヨーグルト100gと米こうじ100mlを混ぜてミキサーにかけるだけでできる健康食です。お好みで果物や抹茶などを混ぜると飽きのこない味に。甘酒には酒粕からできたものもありますが、糖分を含んでいるのでダイエットを考えている人は米こうじを選びましょう。米こうじは食品自体の甘みだけなのでカロリーを気にしなくて大丈夫です。

まさに飲む点滴。リッチな栄養価

甘酒には発酵食品で食物繊維やオリゴ糖を多く含むので整腸作用があり便秘解消になります。米こうじのこうじ酸には美白効果がありしみの予防に。ビタミンB群を多く含み保湿効果も期待できます。ビタミンB群の一種である葉酸は貧血を防ぎ、皮膚の粘膜を強くするはたらきがありますし、システイン、アルギニン、グルタミンなどアミノ酸、ブドウ糖も含まれ、まさに点滴なみの栄養素を誇る食品です。一方ヨーグルトは乳酸菌が多く、善玉菌を増やして腸のはたらきを活性化し便秘を解消します。

料理にもおやつにも甘酒ヨーグルトを

甘酒ヨーグルトは朝食の代わりとして食べてもよいですし、食事の前に食べると満腹感が得られてほかの食品の食べすぎをおさえられます。また、米こうじの甘みがありおやつにもおすすめ。砂糖の代わりに料理に使って、ドレッシング、ポタージュ、ケーキなどを作ってもおいしくいただけます。この夏、夏バテ対策に、ダイエットに、甘酒ヨーグルトを食べてみませんか?


writer:松尾真佐代