アルミパネル採用、インテリアにマッチするスリムデザイン

写真拡大

パナソニックは、コンパクトステレオシステム「SC-ALL5CD」を2015年7月24日に発売する。価格はオープン。

「LincsD-Amp III」、「XBS Master」、「ナノバンブースピーカー」でクリアな音質

Wi-Fiを利用して複数の機器で同時に音楽再生できる新規格「AllPlay」に対応。スマートフォン(スマホ)/タブレットやNAS(ネットワーク・アタッチト・ストレージ)に保存した音楽コンテンツ、インターネットラジオの音楽などを音声圧縮のない高音質ワイヤレスで楽しめる。電源オンから再生までスマホから操作可能。再生中のCD音源などを「AllPlay」対応機器に送信できる。

雑音や歪みを抑えクリアな音を再現する「LincsD-Amp III」や、歪みを低減し重低音をより効果的に再生する「XBS Master」を搭載。スピーカーコーン(円錐部分)はナノサイズに微細化した竹繊維「ナノバンブースピーカー」を採用し剛性を高め、繊細な音から力強い音までクリアでキレのある音質を楽しめるという。

Bluetoothバージョンは2.1+EDR。SBCコーデック、A2DP、AVRCPの各プロファイルに対応。IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANをサポート。FM簡易型アンテナ、AMループアンテナ、リモコンなどが付属する。カラーはブラック。

価格はオープン。通販サイトでは4万円前後から5万円前後。