マーシャル、音楽ジャンキーのためのスマートフォンをリリース

写真拡大

アンプメーカー・マーシャルのスマートフォン業界への初進出によって、アップルやサムソンが市場での立場を脅かされることはないだろう。しかしこのギターアンプメーカー初のモバイル機器には、将来iPhoneやGalaxyにお目見えするかもしれないユニークな機能が備わっている。

「マーシャル、音楽ジャンキーのためのスマートフォンをリリース」の写真・リンク付きの記事はこちら

新型の「Marshall London」は、音楽を愛する人々のために特別につくられたAndroidスマートフォンだ。

高分解能オーディオに特化したプロセッサ(非圧縮のFLACファイルを含む)や、1対のヘッドホンジャックを内蔵し、存在感のあるMarshall Modeのイヤホンが付属している。上部のボタンを使って音楽UIを即座に立ち上げることができ、5バンドのグローバルイコライザーを備え、ポケットに入れているときもスクロールウィールを使って正確にボリュームを調節できる。

さらに、ユーザーが自分で交換できる2,500mAhのバッテリーとMicroSDストレージスロットをが備わっており、従来のスマートフォンがカバーしきれていなかった部分にも手が届く仕様となっている。

米国市場での発売はまだ正式にアナウンスされていないが、マーシャルのスウェーデンサイトでは、電話の全機能と仕様が紹介されている(英語サイトには現在のところ、価格の表記はない)。

スマートフォンの世界では、ハードウェアの差別化や特別な機能への特化が増える傾向が見られる。ヴァーチュやランボルギーニからは「ラグジュアリーな」電話が発売され、パナソニックは大きな画像センサーを備えた製品を開発し、サムスンからは巻きつくような形状の「Edgeスクリーン」が登場しているが、デュアルヘッドホンジャックとハイレゾのオーディオが、間もなく主流となりそうだ。

TAG

DesignGadgetMusicSmartphoneWIRED US