ピクサーの長編新作は“恐竜”、「もし隕石衝突なかったら…」の世界。

写真拡大

“頭の中”を描いた新作映画「インサイド・ヘッド」の日本公開を直前に控え、早くもディズニーピクサー最新作「アーロと少年」(原題:The Good Dinosaur)の全国公開が2016年3月12日(土)に決定した。

「トイ・ストーリー」のおもちゃの世界、「モンスターズ・インク」のモンスターの世界に、「ファインディング・ニモ」の海の中の世界など、アニメーションならではのイマジネーションあふれる夢の世界を描いてきたディズニー/ピクサー。その長編第16作目となる本作が描くのは「もしも、隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅をまぬがれていたら?…」という、かつてない壮大なスケール描かれる驚きの世界だ。

はるか何千万年の昔、隕石が地球にぶつかり恐竜は絶滅したはずだった。でも、もしも隕石が衝突しかなったとしたら? ――今とはちょっと違った方向に進化し、そこは、絶滅をまぬがれ文明と言葉をもつ恐竜たちが、言葉を持たない人間たちと共存する地球。

この作品の主人公は臆病で甘えん坊の恐竜アーロ。ある日、大好きな家族とはぐれてしまった彼は、言葉も通じない見たこともない生き物“人間の子ども(スポット)”と出会う。壮大な自然を舞台に、見た目も性格も正反対なひとりぼっちの同士の2人の出会いから始まるアドベンチャーが、世界中をいまだかつてない感動と興奮で包み込む。

メガホンを執るのはピーター・ソーン監督。製作はデニス・リーム、製作総指揮はジョン・ラセターが務める。

映画「アーロと少年」は2016年3月12日(土)、全国ロードショー。