16日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)で、山本“KID”徳郁が、自らの金銭事情を明かす一幕があった。

番組には「格闘界から来たアウト」として山本が登場した。山本は、その圧倒的な強さから「神の子」の異名を持つ格闘家で、38歳となった今も現役で戦い続ける日本格闘技界のカリスマだ。

トークでは、山本が「お金がない」との悩みを打ち明ける。マツコ・デラックスがファイトマネーについて質問すると、山本は「元々(お金は)ないっすよ」「ジム構えたんすよ」などと説明。ファイトマネーは、ジムの設立に使ってしまったそうだ。

山本は、仲間とジムを設立する際、不動産の事情に詳しくなく、設備についても「一番いい(器具を)ブチこんでやれ」と息巻き、アメリカから高価な器具を買い集めたそうだ。こうしてジムが完成したが経済的に困窮し、仲間内でも「ヤバいね、金ないね」と話題になったという。

なお、山本はジムの設立にかかった金額を知らないそう。それにマツコが、「よく分かってないの?」と尋ねると、山本は「俺、お金見るの好きじゃないから」「お金は人に任せてる」などと語ってみせ、スタジオを驚かせていた。

【関連記事】
元宝塚・紫吹淳の浮世離れした価値観にマツコ・デラックスがダメ出し
設楽統が子どもに収入事情を教えていることに出演者一同が驚く
misonoが月収約30万円を全額寄付したことを報告