実写で「アラジン」前日譚映画化、計画初期段階も脚本執筆に入る。

写真拡大

ディズニーが「アラジン」前日譚の製作企画を進めているという。オリジナル作品で主人公の願いを3つ叶えたジーニーの過去に迫る、実写版映画になるようだ。

仮タイトル「ジーニー」と題されたその作品は、今のところまだ計画初期段階だというが、ハリウッドレポーターによるとダミアン・ショナンとマーク・スウィフトが脚本執筆に取り掛かっているという。

同作品の中ではジーニーのキャラクターに焦点があてられることになるが、1992年作のオリジナルアニメーション映画のストーリーも再び語られる模様。ちなみにこの「ジーニー」はプロデューサーのトリップ・ヴィンソンが指揮を執り、自身の製作会社ヴィンソン・フィルムズとともに製作を行っていくことが決まっている。

オリジナル作品では、昨年8月に自らの命を絶った故ロビン・ウィリアムズがジーニーの声優を担当していた。「アラジン」のみならず、ディズニーは「ジャングル・ブック」「美女と野獣」「ダンボ」「くまのプーさん」「ムーラン」などの実写版製作も発表されており、「ピノキオ」が現在すでに製作に入っているほか、「シンデレラ」の実写版が今年公開されている。