サイクルフィギュア・佐藤凪沙のゲンエキインタビュー「支えがあるから世界に挑戦できる」

写真拡大

梅雨もまもなく過ぎ去り、本格的な夏を目前に、やる気に満ち溢れている方も多いのではないでしょうか。

【サイクルフィギュア・佐藤凪沙のゲンエキインタビュー「支えがあるから世界に挑戦できる」の画像・動画をすべて見る】

そんな「やる気」をさらに引き出し、みなさんの頑張りを応援するために、「初恋の味」のキャッチフレーズや「甘ずっぱい青春」をテーマに、コミュニケーションを展開している「カルピス」ブランドが始めた企画「ゲンエキインタビュー」。

今回は、自転車でアクロバティックな技を繰り出す競技「サイクルフィギュア」において、現在6年連続で世界選手権に出場している佐藤凪沙さん(京都産業大学・3回生)にインタビューしました。

取材・構成:宮崎祐貴・織田上総介

サイクルフィギュアとは?


佐藤凪沙001


━━佐藤さんが現在活躍しているサイクルフィギュアについて、どのようなスポーツなのか教えてください。

佐藤凪沙(以下、佐藤) わかりやすく言うと、自転車版のフィギュアスケートみたいな競技です。

基本的には自転車に乗り、円を描きながら走行・演技をしています。走行中に繰り出す技は何百種類とあるのですが、その技を自分で練習し、約30種類の技を組み合わせて一つのプログラムをつくります。

演技時間は5分間で、ウィリー走行や自転車の上に立ったり……レベルの高い人だと逆立ちなどもします。そこから技の出来栄えによって減点方式で採点され、得点を競っていく競技です。

━━減点方式とのことですが、最大点数は何点でしょうか?

佐藤 技の一つひとつに得点があり、Aという技が成功したら2点とかBという技だと3.5点となるので、最大の点数は人それぞれです。

そのため、ハイレベルな技をプログラムの中に多く入れると、最大の持ち点は高くなりますが、落車したり、失敗したりするとその分大きく減点されてしまいます。

━━世界チャンピオンになると最高何点ぐらいのプログラムになるのですか?

佐藤 世界チャンピオンは200点以上です。私のプログラムでは100点を超えるくらいなので、世界チャンピオンにはまだまだですね。

━━そうなんですね。サイクルフィギュアにおいて強豪国というのはどこですか?

佐藤 ドイツを筆頭にオーストリア、スイスなどのヨーロッパ圏で盛んであり、強い国が多いです。アジアでは、香港やマカオ、マレーシアですね。

ドイツとは、毎年9月に合同練習を行っていて。私も何度か参加しているのですが、日本人プレイヤーだと競技のマイナー性から大学の部活として始める人がほとんどである一方、ドイツでは地域ごとにクラブがあり、小さい頃から育成されているので、大人になったときには大きな差が生まれているなと感じています。

日本には滋賀県など限られたところにしかサイクルフィギュアのスポーツクラブがないのですが、やはり小さい頃から取り組む環境があった方がいいので、ドイツとの交流をきっかけにそうした動きが国内にもどんどん広まっていくといいですね。

サイクルフィギュアよりバレーボールに心惹かれた中学時代


佐藤凪沙002


━━そもそもサイクルフィギュアを始めたのはいつからなんですか?

佐藤 小学校3年生からですね。「小さい頃から育てていかないとダメだ」と父がずっと言っていて、一番身近にいた私が……(笑)。

それで、滋賀県のクラブに連れていってもらい、サイクルフィギュアを始めたのがきっかけです。私は京都だったんですが、滋賀のスポーツクラブには毎週通っていました。

━━それからずっとサイクルフィギュアに打ち込んでいるんですか?

佐藤 中学生になるとバレーボール部に入ってしまい、むしろ普段はそっちを頑張っていました(笑)。

サイクルフィギュアは個人のスポーツであり、バレーボールは団体スポーツで、楽しくて、どんどん惹かれていきました。

そうなると、どうしても京都から滋賀まで行くのがしんどくなってしまって、中学の3年間はほぼバレーボールだけをやっていました。

高校生になると、学校から体育館を貸していただけることになったので、そこから父と私の2人でサイクルフィギュアの練習を始めました。

━━ずっとお父様と二人三脚なのですか?

佐藤 最初の頃は、濱田美穂子さんというコーチがいたのですが、その方はドイツに行ってしまって……。それで父と二人で練習するようになりました。

━━なるほど。コーチをしているお父様がサイクルフィギュアに出会ったきっかけは?

佐藤 父は大学生の頃にサイクルサッカーを始めて、そこから自転車競技に関連する活動をしていく中でサイクルフィギュアにも関わるようになりました。

「言われてやる」から「自らやる」ことで芽生えた「本気」


佐藤凪沙003


━━今はこうしてサイクルフィギュアに打ち込んでいる佐藤さんですが、この競技をやろうと思った決め手は何だったのでしょうか?

佐藤 始めた頃は小学生だったので、父に言われるがままに自転車に乗っていました(笑)。その頃は遊び半分でサイクルフィギュアをやりつつ、余った時間でドッジボールをしたりしていました。

正直「サイクルフィギュアを辞めたい」と思う時期もあったのですが、ただ、そんな時でも父はすごく熱心に教えようとしてくれて……それで「サイクルフィギュアをちゃんとやらなければ」と思い、この道を進むことにしました。

また、父の思いや情熱に応えることもそうなのですが、体育館を利用させてもらえる回数が増えるなど、練習環境が整ったことも大きな理由です。

それまで遊び半分な気持ちであったり、週に1回の練習で上達するスピードが遅かったのですが、意識を変えたこと、週2回、3回と練習回数が増えたことで上達スピードが早くなりました。

そうなると、自然とサイクルフィギュアが楽しく感じるようになり、高校生からはもっと頑張ろうと思うようになりました。

━━ただ、大学生になると飲み会や遊びなどいろいろな誘惑があると思います。そうした誘惑とどのように付き合っているのでしょうか?

佐藤 基本的に自分で体育館の予約をしているので、体育館が取れたら練習の予定を入れて、その他の予定は絶対に入れないようにしています。やりたいことや誘惑は、練習以外の時間に済ませるようにしています。

信じることで、失敗を乗り越える

佐藤凪沙004


━━自分でコントロールする部分が大きいですね。とはいえ、しっかりとコントロールしていてもサボってしまいたくなる日もあると思いますが……?

佐藤 何回か……ありましたね(笑)。でも、体育館が使えることは本当に恵まれていると思います。どうしても場所が必要になってくるスポーツなので。

以前、この競技で活躍していた堀井和美さんが大学時代の時は、場所をなかなか確保できなかったので、外で練習していたと聞きます。

その時はアスファルトの上で練習していたようですが、そもそもサイクルフィギュアの自転車は室内用なので、タイヤの消耗も激しかったでしょうし、着地や転んだりすると大変だったと思います。

━━普通に乗って転ぶだけでも痛そうなのに、アクロバティックな技を繰り出している中で転ぶと尋常じゃない痛みがありそうですね。

佐藤 そうですね。痛いですし、失敗した技は「また落ちるのではないか」という思いから、挑戦するのが怖かったりします。

━━ただ、試合で高い得点を取るためには、そうした技の成功が必要になってくると思いますが、失敗はどのように乗り越えているのでしょうか?

佐藤 最終的には練習量でカバーするのですが、父のサポートがあるから乗り越えられているという面もあります。

失敗した技への恐怖心からその練習を避けている状況の中で、適当なタイミングで「この練習やってみろ」と父が提案してくれて、補助もしっかりしてくれます。

父の補助を信じ、少しずつ練習をし、克服しています。そういうことを考えると、父の支えは大きいと思います。

あとは、母の存在の大きさも最近になって気付きました。以前は母とずっと一緒にいると正直鬱陶しいと思うこともありました(笑)。

ただ、個人競技で、かつマイナーなので、そうした時に練習の送り迎えや試合の応援など一緒にいてくれる母のありがたみを感じるようになりました。

マイナー競技は支えられてこそ実現可能

佐藤凪沙005


━━家族の支えがあり、今の佐藤さんがあるのですね。

佐藤 そうですね。自転車も高価で、私が使用している自転車も20万円以上します。普通の学生が簡単に買えるものではないので、そのような支援をしてくれる親には感謝ですね。

とはいっても、まだまだマイナーな競技ということもあり、胸を張って語ることができない自分もいます。特に以前は、サイクルフィギュアをやっていることをおおっぴらに公言しておらず、基本的には仲良くなった子に聞かれたら話す程度でした。

━━それはなぜですか?

佐藤 家に帰ると、「JAPAN」と書かれたジャージがあるのですが、普通の人が想像する「日本代表」は、サッカーやバレー、野球みたいなものが多く、一方でサイクルフィギュアは大げさに言うと、ちゃんと頑張れば日本代表や世界を目指せる競技なので、「すごいじゃん!」と褒められるのに対して素直に喜べず……。

━━肩書きに対して自分が釣り合っていないと感じるのですか?

佐藤 そうなんです。そういうふうに思ってしまい、自分からはなかなか言えない状況でした。

━━今はどうですか?

佐藤 今は世界選手権に出場すると大学がホームページに掲載してくれたりして、それを見た友達が応援してくれるので、「肩書きに負けないように頑張ろう」と思っています。

加えて、以前はただただ自転車に乗っているだけだったのですが、毎年世界選手権に行くと、トップレベルの演技を生で見ることができ、多くの刺激を受けます。

そこで刺激を受け、結果を残せないことに対して猛烈な悔しさを感じるようになりました。「世界選手権で通用するには、どのような練習をしていかなければならないか」を考えるようにもなりました。

━━年を重ねるごとに周りが見えてきたことで、自分の立ち位置を理解し、戦い方について意識するようになったのですね。

佐藤 やはり中学・高校くらいまでは、物事の価値というのがわからないですよね。だから自分がやりたいようにやってきてしまったのですが……。

ただ、大学に入り、家族に加え、連盟の方や大学の広報、学生部の方にすごく応援してもらえて、そういう人たちに支えられてこそのマイナー競技なので、少しでも期待に応えていきたいと思っています。

イメージトレーニングと100円寿司で世界と戦う


佐藤凪沙006


━━世界で戦う上で、ハイレベルのパフォーマンスを出すためにしていることはなんでしょうか?

佐藤 毎日毎日サイクルフィギュアの練習をしていたら、たぶんここまで維持できていないと思います。なので、練習だけではなく、適度に休みを挟んで、自分の時間をつくるようにしています。

私自身、世界選手権に出ている一方で、国内ではまだプロというカテゴリがない競技で、「それ一本で飯を食っていける」のであれば全力でできるのですが、まだまだそういう状況でもなく、大学生という身分もあるのでバランス配分は難しいですね。

━━メンタル的なところでいうとどうですか?

佐藤 日本は世界的にはレベルが低いと思っていて、「世界選手権に出ることに意義がある」と自分に言い聞かせながら戦っています。

世界選手権の審判は、少しでも技がブレたら減点となるので、そこでいかに自分がやってきたことを出せるか……という気持ちで試合に望んでいます。

また、試合で自分の力を出し切るために、試合前はギリギリまで自転車に乗って練習することはせず、音楽を聞いて走ったり柔軟するなど体を温めつつ、あとはイメージトレーニングをするようにしています。

実際に去年の冬の大会では2回演技をする機会があったのですが、1回目が全くダメだったので、2回目に備えて自分の演技を十分イメージしたら、2回目の方が良い結果が出ました。

━━なるほど。ちなみに世界選手権では緊張しないのですか?

佐藤 どちらかといえば、日本の試合の方が緊張します。レベル的にも接戦が多く、お客さんも近いので。対照的に、世界選手権は自分との戦いになるので、孤独に置かれた方が戦いやすいですね。

━━一方で、スランプに陥る時もあると思うのですが、その時はどうやって乗り越えているのですか?

佐藤 ここ1ヶ月くらい前までずっと練習していた技がなかなか出来ず、練習が進まなくて苛立ちを覚えることもありました。

そういう時は、練習中は練習に集中して、それ以外はもう何も考えずにひたすらやりたいことをやるようにしていますね。

━━やりたいことというと例えば……?

佐藤 よく食べますね。お寿司好きなので100円のお寿司などをガンガン食べます。

ただ、競技の中で自分の腕だけで全体重を支える技などもあり、父には「もうそれ以上、体重増やすなよ」と言われますね(笑)。

サイクルフィギュアに対するこれからの自分


技名:スタンドウィリー

技名:スタンドウィリー


━━何度か技のお話が出ましたが、サイクルフィギュアではどんな技があるのでしょうか?

佐藤 例えば、最近出来るようになった技で、スタンドウィリーというのがあります。

自転車の後輪のみで自立し、前輪を持ち上げながらハンドルの上に座ります。それでタイヤを持ちながら走る技などがあります。

━━今後、より難易度が高い技で挑戦してみたいものはありますか?

佐藤 半分冗談ですが、父といつかはハンドスタンドという逆立ちをやりたいと言っています(笑)。

━━初めて出来た技ってどのようなものですか?

佐藤 自転車の前輪と後輪にチョボみたいなのが付いているんですが、そこに脚をかけて立ち、手を離す初歩的な技ですね。

そもそもの技の種類が現在は200程度あり、まだまだ増えているかもしれないです。体操のように自ら技をつくることができるので、競技としてはまだまだ発展中ですし、難しいアクロバティックな技を組み合わせ、自分の演技を披露できるのが魅力的ですね。

━━最後に、今、サイクルフィギュアという競技でゲンエキとして世界で戦っていますが、今後の思いについて教えてください。

佐藤 あと2年で大学を卒業し、仮に就職するとしたらこの競技を続けていくのは難しいかなと思っています。

かといって指導者として人に教えるのもすごく苦手で……伝えたいことが伝わらないみたいな。

なので、将来のことはわからないけど、今この瞬間、競技に打ち込めることに感謝して、できることは全力でやりきりたいです。

今年8月には3週間程度ドイツに短期留学をするので、よりサイクルフィギュアに集中できる環境で自分を高めてきたいと思います。

結果で言えば、世界選手権で10位以内に入ることが目標です。毎年、上位層の点数を見ていると、10位以内は100点を超えているのですが、練習を積めば目指せると思っています。

圧倒的な技の数々に思わず拍手


サイクルフィギュアという、国内ではまだまだ認知度の低いスポーツ。百聞は一見に如かずということで、取材後に京都産業大学の体育館をお借りし、佐藤さんに演技を披露してもらいました

技名:ウィリーヘッドチューブフリーハンド

技名:ウィリーヘッドチューブフリーハンド



技名:フロントハンドルバースタンド

技名:フロントハンドルバースタンド



技名:ウィリーヘッドチューブリバースフリーハンド

技名:ウィリーヘッドチューブリバースフリーハンド



技名:サドルサポートストラドル

技名:サドルサポートストラドル



演技では、写真のようにアクロバティックな技を披露し続け、それを外から見ていた佐藤さんの次に体育館を利用する予定の学生からも自然と歓声と拍手が涌き上がりました。

また、佐藤さんはこのインタビューの数週間後に行われた日本国内チャンピオンシップで、見事7年連続となる世界選手権の切符を獲得しました。

2015年11月にマレーシアで開催される世界選手権で、世界10位以内を目指して練習に励む佐藤さんとこの競技に関わる方々を今後も応援したいと思います。