[練習試合]U-17代表MF安井は先発でも、交代出場でも常に「いいプレーを出すことを意識」してチャンス掴む

写真拡大

[7.16 練習試合 U-17日本代表 6-1 U-17北信越トレセン]

 MF安井拓也(神戸U-18)はこの日、U-17日本代表の右MFとして先発。後半はボランチも努めて快勝に貢献した。「みんな1タッチでやるときはパンパン動いていたので、やっていて楽しかった。ボールを持てていたし、それも結構みんなと連動しながらボールを運べていたのでそのへんは良かったと思うんですけど、自分的にはシュートへ持っていくところがなかったので、そういうところはもっとゴールを狙っていきたいと思います」と振り返った。

 主に中央でプレーするMFだが、サイドも問題なく対応。右サイドでのキープ、1タッチでのパスなど良く攻撃に絡んでいた。今後はより前を向いてスルーパス、シュートへ持ち込む良さを出すこと。「やることは変わらないので、あとは裏に抜けるとかサイドでは1対1とか増える。やることを変わらずにできると思う」。与えられたポジションでしっかりと持ち味を発揮するつもりだ。

 昨年のAFC U-16選手権にも出場した実力者だが、神戸U-18が戦うプレミアリーグ序盤6試合で先発は2試合。クラブユース選手権予選では先発したものの、定着するところまではいくことができていない。だが、安井は「自分に自信もってやるしかないんで、途中からでもいいプレーを出すことを意識しているし、そうすれば(今回代表に呼ばれたように)見てくれる人は見てくれるので頑張ってやっています」。もちろん先発で出続けたい思いもあるが、交代出場となってもすぐに切り替えて、与えられたチャンスで結果を残すことに集中している。

 国際ユースサッカーin新潟も自身にとってはチャンス。どのポジションで起用されてもいいプレーを出すことに集中して、勝利に貢献する。

(取材・文 吉田太郎)