第153回芥川賞に又吉直樹さんと羽田圭介さん

写真拡大

 第153回芥川龍之介賞、直木三十五賞の選考会が7月16日に行われ、芥川賞に又吉直樹さんの「火花」(文學界2月号)と羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」(文學界3月号)が、直木賞に東山彰良さんの『流』(講談社/刊)がそれぞれ選ばれた。
 今回も受賞発表と記者会見の様子がニコニコ動画で生放送されていた。お笑いコンビ・ピースの又吉さんのデビュー作「火花」が最終候補になっていた影響か、26万人を超えるユーザーが視聴した。

 又吉直樹さんは1980年、大阪府生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人としても活躍中。「火花」は純文学作家としてのデビュー作となり、第28回三島由紀夫賞候補にもなっていた。羽田圭介さんは1985年、東京都生まれ。「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞してデビュー。2008年に「走ル」、2010年に「ミート・ザ・ビート」、2014年に「メタモルフォシス」で芥川賞の候補となっている。
 東山彰良さんは1968年、台湾台北市生まれ。2002年「タード・オン・ザ・ラン」で、第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞し、『逃亡作法 TURD ON THE RUN』(「タード・オン・ザ・ラン」改題)でデビュー。2009年に『路傍』で第11回大藪春彦賞受賞。

 受賞作発表後、記者会見が行われた。芥川賞を受賞した羽田さんは「(候補は4回目だったので)受賞しても落ちても変わらないと思っていたけれど、こんなに高揚感があるのか。予想外の高揚感に驚いています」と受賞したばかりの気持ちを表現。又吉さんは「嘘みたいな感じ」と率直な感想を吐露し、「自信はゼロですといっていたけれど、朝から緊張していたのでどこかで期待していたのかも」と語った。
 一方、直木賞を受賞した東山さんは「今回の小説は父親がモデル。家族の物語で書く意味は、台湾で生まれ日本で育ったが、アイデンティティの問題は常につきまとう。どちらにいてもお客さん感覚だった中で、家族は自分にとってアイデンティティの持てる場所だった」と作品のテーマだった“家族”の背景を語り、「台湾の食べ物が恋しくなっているので、近々台湾に帰りたいと思っています」と台湾への想いを話した。
(新刊JP編集部)