大量の汗をかきやすい今の季節にしっかり考えたいのが“汗のニオイ”対策です。デキル男ならいつでもクールでありたいもの。臭ってしまう汗をシャットアウトする汗ケアの方法をご紹介しましょう。

そもそも汗は無臭……じゃあニオイの原因は?

暑い時や運動などで体温が上がった時にかく汗は、本来はすべて無臭だということをご存知ですか?無臭のはずの汗が臭うのは、汗と一緒に流れ出る古い皮脂や角質を、肌の表面の細菌が分解することで、脂肪酸が発生することによるものです。夏の汗ケアは「原因となる汗を抑える」、皮膚を清潔にして「細菌を少なくする」、そして「臭いを抑える」の3つがポイントです。

ただし、ワキにかく汗はちょっと違う

肌にかく汗は、全身にあるエクリン腺という汗腺から出てきます。この汗は99%が水分で、残りは塩分やミネラル、乳酸などです。全身にかく汗と比べてワキにかく汗はベタベタしやすい印象があると思います。ワキにはアポクリン腺という汗腺が集中しています。この汗には、脂質やたんぱく質が多く含まれていて、これをワキの皮膚やワキ毛にいる細菌が分解することで臭ってしまうのです。アポクリン腺の数は人によって違い、臭いがひどいとワキガになります。

デキル男の汗ケアはまずは制汗から!

まずはニオイの発生源となる汗を抑えましょう! 制汗で大切なのは、汗をかく前にケアすることです。通勤前の身だしなみとして、制汗剤を使うといいでしょう。ポイントはワキの下です。ワキ毛だけでなく皮膚に付けること。汗をかく皮膚に付けないと意味がありません。そして、日中、汗をかいてしまったら、こまめに汗を拭きとるようにしましょう。ハンカチで汗を拭きとってもいいですが、肌の殺菌もできるシートタイプのものを使うのがベターです。

それでも臭ってしまったら……消臭スプレーでニオイ消し!

こまめに汗を拭きとっても、やっぱり臭ってしまうことはあるもの。周りの人に不快感を与えないように、最後の手段、消臭スプレーを使いましょう。誰でも汗のニオイはあるものですが、少しのケアでニオイを消すことは可能です。重要なビジネスシーンで失敗しないように、夏のデオドラント対策は万全にしましょう。

毎日のデオドラントケアも徹底して!

もちろん、お風呂でしっかり体や頭皮を洗って皮膚のニオイ菌を減らしておくことも大切です。また靴は一日おきに変える、靴下や下着類は通気性の良いものを選ぶ、スーツもローテンションして定期的にクリーニングする、といった日々の努力も必要です。


writer:岩田かほり