女子サッカーのリオ五輪アジア最終予選、開催地が大阪に決定

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は16日、2015年度第7回理事会を開催し、原博実専務理事がリオデジャネイロ・オリンピック女子サッカーのアジア最終予選会場に大阪が選ばれたことを明らかにした。アジアサッカー連盟(AFC)から15日にJFAへ回答があった。

 アジア最終予選は2016年2月29日〜3月9日まで大阪府内で行われ、日本、朝鮮民主主義人民共和国、オーストラリア、中国、韓国、予選ラウンド1位チームの計6チームが参加。総当たりのリーグ方式で上位2カ国が本大会の出場権を獲得する。

 先頃行われたカナダでの女子ワールドカップで準優勝を果たした日本だが、同大会ではオーストラリアと中国がベスト8、韓国も決勝トーナメントに進出し、朝鮮民主主義人民共和国は2013年の東アジアカップを制すなど、アジア勢は強豪ぞろい。その中で本大会に出場できるのは2カ国のみという厳しい戦いになる。

 原専務理事は大阪での開催決定について「喜ばしい」と語りつつ、「Jリーグの開幕時期と重なるが、日本サッカー協会としてはこちらも全力でサポートしたい。今回のワールドカップはかなり日本中で応援してもらえたが、やはり皆さんの声援が一番の後押しになる。ぜひ大阪まで応援に来てもらえれば」とファンのサポートを期待していた。

 なお、男子サッカーのアジア最終予選はAFC U−23選手権を兼ねて2016年1月にカタールで開催。上位3カ国が本大会出場権を得ることが決まっている。