Doctors Me(ドクターズミー)- ワンちゃんの吠え癖が治らないのには理由があった!

写真拡大

犬が、いつどのような時に吠えているか知っていますか?吠えるたびにただやみくもに「ダメ!」と怒っても実はあまり効果がありません。

今回は犬が吠える原因と対策について、獣医師に詳しく解説していただきました!

■ 飼い主に対してなにかしてほしいときに吠える場合

【欲求不満、要求】
お散歩に行きたい!構ってほしい!と吠えているなら満足するまで相手になると吠えなくなります。ただし、飼い主がリーダーなので吠えられるままに散歩に行っていると吠え癖を助長させます。
落ち着いている時に、以前より沢山かまってあげたり散歩に行ったりしてください。

【分離不安】
飼い主と離れることに不安を感じて吠えるなら、少しずつ離れる練習をします。数分でも離れていられたら誉めてあげ、根気よく毎日、何回も続けて徐々に離れていられる時間を延ばしていきます。
一緒に寝るのはやめたほうがよいでしょう。できるなら違う部屋で独りで寝させてください。無理なら昼間だけでも構いませんので犬が寝ている間、飼い主が違う部屋に移動します。

■ 恐怖や縄張り意識で吠えている場合

【恐怖】
何に怖がって吠えているか特定しまょう。
ある特定の音に反応しているなら、落ち着いている時に小さな音で聞かせてあげます。この時、抱っこして大丈夫だよと言ってあげてください。吠えなければ誉めてあげます。小さな音に慣れたら少しずつ大きくしていきます。録音しておくと繰り返し聞かせたり、音の強弱も容易にできますね。

モノを怖がっているなら犬の見えない場所に移す、モノの大半を隠し、少し慣れた頃にもう少しみせ、と少しずつ全体を見せていきます。

【縄張り意識】
自分がリーダーと勘違いしている部分があるかもしれません。自分のテリトリーを主張し、他の人、犬など自分が認めない存在に対して吠えています。去勢していない雄犬に多く見られるため、交配させる予定がないなら去勢手術をすると吠えなくなるかもしれません。

そうでないなら、飼い主が常にリーダーであると覚え直してもらいます。簡単なオスワリ、マテはマスターしていますか?散歩の時は飼い主より前に出ていませんか?関係を再構築してみましょう。

■ 獣医師からのアドバイス

このほかに、老犬であれば認知症になり、自分でもわからずに吠えている場合もあります。また、生活環境が快適で満たされているなら、理由なく声を出してる状態もあります。ひどいようなら獣医師に相談しましょう。