Doctors Me(ドクターズミー)- 暑い季節の顔のテカり。その原因は乾燥だった!?

写真拡大

夏のこの時期、顔がテカテカとしてしまってなんとなく人目が気になったりすることありませんか?思春期には顔のニキビに悩んで対策していた皮脂。大人になるとそれとは違った肌の悩みが出てきます。

そんなテカリ肌の原因を医師に聞いてみました!

■ 顔のアブラはごっそり取り除く!が正解?

人の肌の内側では皮脂腺で作られた皮脂が毛穴から出てきて、放っておくと皮膚表面は皮脂であふれてしまって、それによりテカテカとしてきてしまうのです。では、この皮脂をごっそりと脂取り紙で全部取ってしまえばいいのでしょうか。

■ ”皮脂”って悪影響だけじゃない!

実は皮脂は皮膚にとって悪い存在だけではないのです。そもそも皮脂の役割はというと、汗と混ざることによって皮脂膜という膜を肌の表面に作り上げて、それにより肌への菌の侵入を防ぎ、肌の水分が外界へと抜け出ていく事を防いでいるのです。このように、皮脂は私たちの体にとって大切な存在でもあるのです。

■ テカリの原因は、肌の水分不足!?

テカリの原因となる皮脂の過剰はどういった場合に生じるのかというと、上記の皮脂膜の構造が大切となってくるのです。つまり、肌の水分が足りていない乾燥肌の場合には、より皮脂膜を安定させようとして皮脂腺から多くの皮脂が産生されます。

また、皮脂を過剰に落としすぎると、なくなった皮脂を再度産生してくるため結局また皮脂が産生されて、テカテカ肌がまた表れてしまうといったサイクルになってしまうのです。

■ テカテカ肌のサイクル防止策は?

では、そのサイクルを止めるにはどうしたらいいかというと、皮脂膜のバランスを保つことに心がけることなのです。
つまりスキンケアの基本として、保湿と水分を逃さないためのクリームなどによる「ふた」と考えています。

〈洗顔で気をつけたい事〉
○洗顔はなるべく必要以上に皮脂を落とさないように、1日2回までにする
○温水では行わない
○何度も何度もごしごししない
○洗顔後はアルコールを含まない化粧水をのせて、その上から乳液やクリームで保護をする

ただし、皮脂の多くギトギトが強い間は乳液は休みとしておきましょう。十分に皮脂膜は出来上がります。また、テカリ対処に即効性を見るには脂取り紙は有用ですが、その後にはとりすぎた皮脂のために、化粧水と乳液の保護をしてあげてください。

【医師からのアドバイス】

人それぞれではありますが、バランスという点を少し気にしてみてスキンケアをしてみると数週間で結果は現れてくると思われます。これからの汗ばみやすい季節をより快適に過ごす為にも、是非実行してみてくださいね。