ベビーフードでダイエット! なるほど栄養価が高く低カロリーのベビーフードは健康的にやせられる納得の方法ですね。この方法はダンスを取り入れたエクササイズ「トレーシー・メソッド」で有名なトレーシー・アンダーソンが考案。マドンナやレディー・ガガも行っていたとか。ここではベビーフードダイエットのやりかたとベビーフードの栄養価についてご紹介します。

ベビーフードダイエットのやりかた

1日2食、合わせて14個のベビーフードを食べるのがベビーフードダイエット。ほかの1食は栄養バランスを考えた食事を少なめにとってください。ベビーフードは1個が約60~70kcalなので、2食で1000kcal以下。1日あたりの成人のカロリー摂取量は、1800~2200kcalを目安にカロリー調整をしてみましょう。ベビーフードは、パッケージが小さいので携帯に便利。そのままかばんの中に入れて持ち歩いても、ランチボックスにつめかえてもOKですね。

ベビーフードは栄養バランス抜群

野菜や果物のほか、肉、豆、穀類をペースト状にしてあるので、消化がよく胃腸の負担が軽減されます。塩分や脂質が少なくて、ビタミン、ミネラル、炭水化物、たんぱく質など栄養バランスよく食事を摂ることができますね。ただし、野菜や果物は皮をむいて加工されているので食物繊維が少なめ。脂質もとりにくので、ほかの1食で足りない栄養素を補うようにしますが、夕食や夜食に脂質を摂りすぎると脂肪を体内にためることに。できれば朝食、昼食で摂りましょう。

ベビーフードダイエットの弱点とは?

ベビーフードは薄味で、どれを食べても似たり寄ったりの味。食感も変化が少ないので飽きやすいという弱点があります。欧米では、1個100円以下で買えるベビーフードも日本では、130円以上。14個買うと1日2000円近くかかってしまうので高価ですね。ベビーフードダイエットを毎日継続しづらい人は、ほかのダイエットを組み合わせて実践する方法もあります。無理せず自分に合った方法をさがしてみましょう。


writer:松尾真佐代