Doctors Me(ドクターズミー)- カロリーオフやゼロカロリーは体に悪いはウソ?ホント?

写真拡大

ダイエットが非常にたくさんの人の関心を集めている今、カロリーオフやゼロカロリーの商品はスーパーやコンビニの棚に所狭しと並べられていますね。
もともとノンカロリー、あるいは非常に低カロリーのお茶などはもちろんのこと、炭酸飲料やゼリーなど、しっかり甘くてカロリーのある商品とほとんど変わらないような味のものが、驚くほどの低カロリー、あるいはゼロカロリーをうたって売られています。
こんなに甘くて、おいしくて、しかも太らないのならこちらを選ぼうと愛用している方も多いのではないでしょうか。

でも、本当にカロリーがないのか、または何故低いのかご存知でしょうか?
今回は気になるカロリーゼロやオフの仕組みについて、医師に詳しく解説していただきました。

■ どうしてカロリーオフにできるの?秘密は甘味料にあった!

これらの商品が、何故カロリーゼロなのか、というと、多くの場合通常の砂糖の代わりに人工甘味料が使われているからです。
特に頻繁に清涼飲料水などに使われている人工甘味料としてはアスパルテーム、アセスルファムKやスクラロース、ソルビトール、エリスリトールなどが代表的です。また、虫歯予防で有名になったキシリトールもこの人工甘味料の仲間に含まれます。

これらの中でも特によく使われているのがアスパルテームという甘味料です。ダイエット系の炭酸飲料の多くに含まれるほか、市販のガムには特にカロリーオフのものでなくてもほとんどに含まれています。
おそらく、よほど人工甘味料を避けている方でなければ、ご自宅にいくつかはアスパルテームの含まれた製品があるだろうと思います。

■ 人工甘味料も摂り過ぎると太る!

こういったカロリーオフやゼロカロリーの商品は確かに一日の摂取カロリーの低下には寄与しますが、人工甘味料の摂り過ぎは身体に良くないことが分かっています。
具体的な理由としては、比較的最近発表された研究結果として、糖尿病と深い関係があることで知られる膵臓から分泌されるホルモンであるインシュリンが、砂糖を摂取した時と同様、人工甘味料に対してもたくさん分泌され、脂肪が蓄積されやすい、つまり太りやすくなってしまうことや、エネルギー消費の低下、また体液を溜めこんでしまう作用などがある可能性が指摘されています。

【医師からのアドバイス】

口当たりがよく、カロリーが少ないことからついつい気軽に口にしてしまいがちなカロリーオフ・ゼロカロリーの商品ですが、これらの飲み過ぎ・食べすぎには気をつけて、3度の食事を大切に、野菜などバランスよく摂ることを基本に暮らしていきたいですね。