<全英オープン 事前情報◇15日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>
 8人が出場する日本勢で最多となる6回目の「全英オープン」。藤田寛之は前日水曜日に練習ラウンドを行い、聖地セントアンドリュースでのティオフへ準備を整えた。
聖地セントアンドリュースのコースを開幕前にチェック!
 40歳を超えて多くの勝ち星を積み重ねてきた“中年の星”も、6月で46歳となった。メジャーに対する強い思い入れと、あくなき向上心で一心不乱に走り抜けてきたが、メジャーでは現在7戦連続予選落ち中。2013年には左わき腹の疲労骨折、昨年は肩にも故障を抱え苦しいシーズンを過ごしてきた。
 時を重ねるとともに心境にも変化がうまれた。国内外を飛び回るハードなスケジュールに海外では調整方法もセーブ。「いつもなら4ラウンドくらいやって練習も山ほどやって疲れ果てているところ。でも今は意外と疲れはないですね」。メジャー第2戦「全米オープン」でも2.5ラウンド。今大会は25ホールと、体調と調子に合わせた調整法で46歳の体と向き合っている。
 「“今ある自分で”って言う感じの方が強い。“今ある自分で”やるしかないかな」。メジャーと戦い続けた40代前半。それも折り返しを迎えた藤田は肩の力を抜いて、世界最高の舞台と対峙する。
<ゴルフ情報ALBA.Net>