主要スマホメーカー総営業利益の「92%」をアップルが稼いでいる

写真拡大

2015年第1四半期には、世界の主要スマートフォンメーカー8社の総営業利益の92パーセントをアップルが得たと報じられている。この数字は、前年同期の65パーセントから大幅に増えている。

「主要スマホメーカー総営業利益の「92%」をアップルが稼いでいる」の写真・リンク付きの記事はこちら

3年前、アップルのスマートフォン事業が世界の端末販売に占める割合はわずか9パーセントでしかなかったが、利益で見ると全世界の事業者があげる利益の73パーセントを占めていた。しかしその数字は、さらに急増している。

『Wall Street Journal』(WSJ)紙は7月13日(米国時間)付けの記事において、業界調査会社Canaccord社のレポートを引用するかたちで、2015年第1四半期の世界の主要スマートフォンメーカー8社があげた総営業利益の92パーセントをアップルが得たと報じた。この数字は、2014年同期の65パーセントから大幅に増えている。

一方で、市場調査会社IDC社が2015年4月に発表した端末の出荷台数でみると、世界最大のスマートフォンメーカーはサムスンになる。2015年1月〜3月にサムスンは8,240万台を出荷しているが、アップルは6,120万台の出荷だ。

関連記事「iPhoneそっくりのスマホ」が新たな市場をつくる

IDC社の携帯電話部門で調査責任者を務めるアンソニー・スカーセラは、2015年4月のリリースで次のように述べていた。

「『iPhone 6』や『iPhone 6 Plus』への需要は世界で高まっており、アップルは第4四半期にトップに立つことを目指したが、第1四半期の売上はサムスンが明らかにリードすることになった。サムスンが『Galaxy S6』を市場に投入したのは第1四半期の途中だったのだが、新興市場への大量出荷と、低価格から中間価格帯のスマートフォンに対する堅実な需要に牽引された」

ただしIDC社によると、iPhoneの販売は前年と比べて40パーセント成長しており、特に新興市場では63パーセント増という大きな数字となった。中国やマカオ、台湾、香港で急激に販売が拡大しているという(また、全世界の事業者があげる利益の中でサムスンが占める割合は15パーセントであり、昨年の41パーセントから大幅に低下している)。

IHS社のアナリスト、イアン・フォッグは、US版「ArsTechnica」宛の電子メールで、iPhoneがアップルにとって、なくてはならない製品であることを指摘した。「アップル総売上の69パーセントはiPhoneによるものです。iPhoneは、モバイル市場における強力な稼ぎ頭であると同時に、アップルのビジネスにとって最も重要な製品です」とフォッグ氏は述べた。

TAG

AppleArstechnica USiPhoneSamsungSmartphone