Doctors Me(ドクターズミー)- 喘息は子どもにしかかからない病気? むしろ大人の方がキケン?

写真拡大

喘息(ぜんそく)は「子どもの病気」と思っていませんか? ところが、子どもの喘息患者が人口の7%程度であるのに対し、大人(成人)も3〜4%を占めています。

大人の喘息の場合、子どものころの喘息が再発するケースもありますが、大半は成人してからの急な発症です。特に40歳を超えてからの発症が、半数以上を占めています。また、軽症や中等症の人でも、生命にかかわる激しい発作を起こすこともあるので油断できません。

今回は、この喘息の発作について医師に聞いてみましょう。

大人で喘息になった場合、どういった症状になるの?

大人の場合、咳などの症状が続いていても、喘息であることに気付かず、風邪薬などでしのいでいることが少なくありません。その結果、こじらせてしまうケースも目立っています。

喘息の代表的な症状は、咳、呼吸時の喘鳴(ぜんめい)、痰、息切れ、息苦しさ(呼吸困難)などです。喘鳴というのは、呼吸のたびに気道がヒューヒュー、ゼーゼーと鳴る症状です。こういった症状を、喘息発作と言います。

しかし、実際には喘鳴がなく、咳だけが続くタイプもあるため、風邪や気管支炎などと間違えやすいのです。ただ、風邪などの場合には、昼間でも咳が出ます。一方、喘息の場合は、夜間、特に明け方ごろに激しい咳や息苦しさなどの発作がよくみられます。

反対に、昼間はケロッとしていることも少なくありません。症状に加えて、こうした特徴がみられたら、喘息の可能性を考え、早めに病院を受診するようにしましょう。

喘息になった場合、どう対処法したらいいの?

喘息はアレルギー性疾患…そう思っている方も多いでしょう。確かに、子どものぜんそくは、大半がアレルギーによるものです。しかし、大人の喘息では、アレルギー性のタイプと、そうでないタイプとがあることがわかっています。

そのため、治療時にはまずアレルギー性かどうかを調べる必要があります。アレルギー性の場合、炎症の改善に加えて、原因物質(アレルゲン)を特定し、除去しなければなりません。アレルゲンにはハウスダスト、ダニの糞や死骸、ペットの毛やフケ、花粉、食べ物などさまざまなものがあります。冷たい空気に触れたときや、運動したときに起こるケースもあります。

また、あまり知られていないことですが、大人のぜんそくではアスピリンのような鎮痛薬が原因で、激しい発作を起こすタイプもあります。これは「アスピリン喘息」といわれ、患者さんの10%程度が該当し、30〜40歳代に発症する人が多くみられます。

風邪薬でも、同様の発作を起こすことがあります。過去に鎮痛薬や風邪薬などで軽い発作を起こしたことがある人は、特に注意しましょう。

(監修:医師 佐藤 留美)